美容師が自己集客したい時に1番最後に大事なのは【安心】【信用】って話。

さっさてさて、

シリーズ

美容師がブログやSNSで自己集客したい時に大事な事。

今回は第4弾!!

第1弾

集客したいターゲット層を絞る考え方。

第2弾

ターゲット層に知ってもらう考え方。

第3弾

集客できるコンテンツの考え方

ここまでやってきた。

簡単に言うと、

呼びたいターゲット層を絞って絞ったターゲット層に知ってもらい、ターゲット層に深く刺さるコンテンツを作る。

ここまでが前回までの第3弾でできるようになった。

そして、

今回は最後のステップ、

予約ボタンを押す前の最後のひと押し、

【本当にこの人で大丈夫なの?】

を解決する。

第4弾

【信用】【安心】してもらう考え方。

を今日は話していきたいと思う。

例えば皆さんはどうだろうか?

欲しい電化製品があるとする。

1.製品の名前でググる→メーカーサイトで見る。

2.製品の名前 価格 でググる→価格.comとかで値段の相場を調べる。

3.製品名前 口コミ でググる→〜使ってみた感想系ブログを見る。

4.アマゾンか楽天、家電量販店などで購入。

まぁざっくりこんな感じかと思う。

で、

3.製品の名前 口コミでググる→〜使ってみた感想系ブログを見る。

ここが今回話す【信用】【安心】の部分なのだ。

ユーザーはまず製品周りのスペックを調べる。その理由としてはその製品を自分が買う理由を自分で納得させるためだ。この製品を買うと私のこの悩みが解決できる、だから買う。

こういう心理だと思う。

でその次に値段を調べるのは、私のこの悩みを解決するのに、この製品の値段は妥当なのか?コレを自分に納得させるために値段を調べる。ココで、悩みの解決=製品の値段 が自分の価値観的に妥当であれば次のステップに行く。

最後に、

ユーザーは知りたい!!

買った先に本当に私の悩みは解決されるのか?

書いてある事は本当なのか?

買って大丈夫!!っと安心したいのだ。

なぜか?

それは広告が過剰に流れまくっている現代市場で、普通の広告では人々の目には止まらなくなった。なので、人々の目に少しでも止まるように広告がどんどん過剰になってきて、そんな時代の現代では、ひと通りみんな過剰な広告に騙されてきたからだ。

なので、

書いてあることをそのまま【信用】しきれないのだ。

だからユーザーは本当にコレを買っていいのか【安心】したいのだ。

なので、

〜使ってみた感想系ブログや口コミを見る。

感想が良かったり口コミが良かったりすると【安心】する→なので【信用】してその製品を買う。

これは美容師でも同じ事。

なので、例えばクーポンサイトとかでよく見るワードとして、

【店長】

→肩書きがある人だから間違いないだろう。

【芸能人】

→芸能人が通うほどだから本物だろう。

【口コミ平均☆4.7以上】

→こんなに口コミが良いんだから間違いない筈だ。

こういう心理が働く。

そうすると【安心】してその情報を【信用】して予約ボタンを押しやすくなる。

なのでもしブログやSNSで新規集客したかったら予約ボタンを最後に押すためのこの【安心】を与え【信用】してもらうコンテンツをデザインする必要があるのだ。

では単純に

肩書きや口コミを乗せれば【安心】してもらえるか?

ちょっと前だったら効果的だったかと思う。だが最近ではもう効果がなくなってきている…

なぜか?

それは上記でも記した通り、

広告が過剰になり、ユーザーはひと通りこのワードに騙されきったからだ。

それと、

それらのワードを何処も使っていて目新しくない、普通のワードになったからだ。

ではこの現代で

【安心】して【信用】してもらえるための効果的なコンテンツとはどんなものなのか?それについてはnoteで実際に私の事例をあげながら詳しく書いていきたいと思う。本気で知りたい方は参考にしてほしい。↓↓↓

 

 

この【安心】と【信用】の大事さはわかっていただけただろうか?

参考にしてほしい。

以上第1弾から第4弾まで是非参考にしてほしい。

第1弾

集客したいターゲット層を絞る考え方。

第2弾

ターゲット層に知ってもらう考え方。

第3弾

集客できるコンテンツの考え方

 

第4弾

【信用】【安心】してもらう考え方

これらについて本気で知りたい場合はこちらも合わせて読んでほしい↓↓↓

*このメディアは【本気で一生美容師で飯を食っていく覚悟のある美容師さん限定のコアな美容師専用メディアです。】一般ウケはねらってませんし、読者は共感いただける方だけで結構です。ご意見は生産的なものに関しては受け付けてますが、ただの個人的マスターベーション的な批判は一切受け付けてません。読んでもらわなくて結構。予めご了承ください。


【依頼受付中セミナー】

下記クリック↓↓↓

その他セミナー内容臨機応変に対応可能!!

セミナーお問い合わせはこちら↓↓↓

bi-alive

 

関連記事

  1. 一眼レフ?スマホ?美容師の撮影はどっちで撮るべき?違いは何?

  2. 美容師として失敗しないように生きてるという事は成功しないように生きてる…

  3. 実は美容業界はブルーオーシャンだって話。

  4. 美容師の雇われの給料が安い訳がわかればストレスが減る話。

  5. 美容室を開業して1年以内に60%が潰れるという事に関して。

  6. 美容師のインスタで中途半端にしかならない人と集客として成功してる人の違…

  7. 美容師がおじさんになると売れなくなる7つの理由。

  8. 美容師における指名の【種類と深度】って話。