美容師が新規を自己集客したい時はコンテンツの内容にこだわらないとダメだよって話。

 

さっさてさて、

シリーズで書いている

美容師がブログやSNSで自己集客する時の考え方。

第1段は

集客したいターゲット層を絞る考え方

第2段は、

ターゲット層に知ってもらう考え方

そして今回は

第3段

集客できるコンテンツの考え方

について書いて行きたいと思う。

 

 

みなさんはどうだろうか?

例えば

家の近くのどこかで美味しい肉が食べたい

そんな時に

あなたは

【地域+美味しい肉+人気】

で、検索して調べたとする。

ちなみにあなたは肉が食べたいんだけどその中でも鉄板焼きにほんとは行きたい。

調べたところ鉄板焼き屋が家の近くにあった。

ここまでで

第1段のターゲット層を絞る(鉄板焼き屋)

第2段のターゲット層に知ってもらう。(検索で鉄板焼き屋が、ヒット)

ホームページを見たところ、

鉄板で焼かれている肉の写真がいまいちイケてない。

値段も書いてない。

クレジットカードが使えるかも書いてない。

どんな食材を使ってるかもイマイチ書いてない。

お店の内装も載ってない。

あなたはその鉄板焼き屋に行くのはやめてそのページから離脱しもう一度

【地域+美味しい肉+人気】

で調べなおすのだった…

このように、

せっかくターゲット層を絞り込み、

ターゲット層に認知されても、

コンテンツの内容がしっかりしてないと集客には繋がらないのだ!!

しかも美容師や美容室の場合は、

圧倒的に需要より供給の方が多い市場である。

成熟しきっているこの市場でどこもしのぎを削っている以上コンテンツの内容もどこもそれなりに上げてきており、普通にいい感じくらいのコンテンツでは到底心に響かないし、刺さらない。

つまり、ずば抜けたクオリティのコンテンツ

もしくは

めちゃめちゃマニアックなコンテンツ

つまり、何にせよ、超特化したコンテンツじゃないととても自己集客なんてできないのだ。

コンテンツもターゲット層にドンピシャじゃないとどれだけずば抜けたクオリティのコンテンツでもマニアックなコンテンツでも全然刺さらない。

例えば、

世界1まっすぐなボブに切ってほしいお客さんに

世界1カーブがきれいなフォルムのボブを切ってもお客さんには刺さらないのと同じだ。

そこで、

第1段で書いたターゲット層の絞り込みが必要になるのだ。

自分が推したい技術を

その技術を求めてるターゲット層に認知してもらう。

認知してもらったら自分が推してるその技術について超マニアックに魅力的に説明する。

そこで共感されたら集客になるわけだ。

だからコンテンツの内容がずば抜けて特化してれば特化してるほど、刺さるターゲット層にとってはめちゃめちゃ強い集客力を発揮するのだ。

ここでコンテンツの内容についてこだわった方がいい部分を説明していきたいと思う。

・推したい技術の撮影の仕方。

・推したい技術でどう変わったか?

・推したい技術の考え方。

・推したい技術の伝え方。

・推したい技術は他ではできない事なのか?

では1つずつ説明していく

・推したい技術の撮影の仕方。

どんだけ技術が素晴らしくてもそれを伝える写真のクオリティが低いと、ユーザーから見た時に、

【うわっスゴイ】っとは断言して絶対にならない

実際の技術を最低でも実際目で見た感じと同じくらいのクオリティで撮れないとその技術の凄さは絶対に伝わらない。なので撮り方がとても大事になってくる。

・推したい技術でどう変わったか?

SNSでもWEBサイトでもヘアカタログのページがあるかと思う。ヘアカタログのページってafterだけが多いかと思うが、それではユーザーには刺さらない。なぜか?

【モトがいいからそりゃよくなるよ】

の域を超えないからである。

大事なのはどう変わったか?

そのギャップなのだ。

・推したい技術の考え方。

ゆーざーからしたらわからないなりにもどういう仕組みで変わるのか?っという理由が知りたいはずだ。理由がわかれば安心するからだ。

安心すると安心して来店できる。

大事なのは、なぜそうするのか?その考え方を伝える事はユーザーにとって安心と信用に繋がる。

・推したい技術の伝え方。

いくら技術がしっかりしていても、

考え方が、素晴らしくても

伝え方が伝わりにくければ伝わらない。

伝わらなければそこでおしまい。

伝え方=わかりやすさにはとことん工夫するべきだ。

・推したい技術は他ではできない事なのか?

当たり前のことだが、他でできる技術をわざわざ遠くまで高いお金を払ってまでやりに行く方はいないだろう。他ではなぜできないのか?

そこを伝える事も差別化、独自化に繋がりあなたの元へ行く強い理由になる。

以上5つにとことんこだわると特化したコンテンツが出来上がる。

特化したコンテンツでなければ意味がないと言っても大袈裟ではないくらい成熟しきっている美容師市場でどう特化したコンテンツを作って行くか?

逆にそれができれば大きな強みになる!!

参考にして見てほしい。

以上5つ

・推したい技術の撮影の仕方。

・推したい技術でどう変わったか?

・推したい技術の考え方。

・推したい技術の伝え方。

・推したい技術は他ではできない事なのか?

をさらに具体的に理解したい方には私の場合の実際の例を出しながらさらに詳しくわかりやすくnoteで書いていきたいと思う。本気で知りたい方は下記クリック↓↓↓↓


 

参考にして見てほしい。

 

次回は、ここまで

1.集客するターゲットを絞る考え方

2.ターゲット層に知ってもらう考え方

 3.集客できるコンテンツの考え方

をやってきたので

4.どれだけ信用してもらえるか?安心してもらえるか?そこで予約ボタンを押すか押さないかが決まる。

をやろうと思う。

*このメディアは【本気で一生美容師で飯を食っていく覚悟のある美容師さん限定のコアな美容師専用メディアです。】一般ウケはねらってませんし、読者は共感いただける方だけで結構です。ご意見は生産的なものに関しては受け付けてますが、ただの個人的マスターベーション的な批判は一切受け付けてません。読んでもらわなくて結構。予めご了承ください。


【依頼受付中セミナー】

下記クリック↓↓↓

その他セミナー内容臨機応変に対応可能!!

セミナーお問い合わせはこちら↓↓↓

bi-alive

 

関連記事

  1. 美容師が自己集客したい時に1番最後に大事なのは【安心】【信用】って話。…

  2. セミナー事例。2018年4月【株式会社bless様向けフォトセミナー】…

  3. 美容師は一人勝ちしたかったら地域性は無視した方が売れる。

  4. 美容師がSNSをやるにあたってまずわかってないといけない初歩。

  5. 【新規集客できるスタイルとは?】に対する考察。

  6. 美容師がブログやSNSで自己集客したいならまず知ってもらう事が第一とい…

  7. 一眼レフ?スマホ?美容師の撮影はどっちで撮るべき?違いは何?

  8. 美容師のインスタで中途半端にしかならない人と集客として成功してる人の違…