美容師はわからない。っで終わらせない。わからないを追いかける事が大事。

さっさてさて、

みなさんは美容師をやっていて分からない事はありますか?

僕には沢山ありますw。

っで美容師を続けてきて思うのは

わからない。を追い続けてきた道に沢山の気づきがあり、

それが自分自身の美容師人生に置いて財産になってるなぁと思うんですよね^_^

分からない事を追えば追うほどに新しい分からない事がどんどん増えていく。

そのわからない事をさらに追って追って追って…。

振り返った時に出来てる網の目のような道が自分が迷わないようにログとして残してきた気づきの道になっているのかなぁと思うんですよね^_^

ちょっと抽象的でよくわからないと思うので、具体的に説明すると、

例えばサロンに求人を呼ぶ方法がわからないとする。

わからない→調べる。考える→選択肢を探す→

・求職サイトに登録→調べる、考える。→やってみる→課金しないで自社ページに求職者を流入させる方法がわからない→調べる、考える→やってみる→そのサイトの上位表示のアルゴリズムがわからない。→調べる、考える→やってみる→アルゴリズムがわかる→無課金での上位表示の限界を把握。→その範囲内でいかに多くの問い合わせまで持ってけるかわからない。→調べる、考える→やってみる。→求職者が刺さる言葉がわからない。→調べる考える→やってみる→…。

・SNS→どのSNSで求職者を呼べばいいかわからない→調べる。考える→やってみる→解決する。新たなわからないがみつかる→調べる、考える→やってみる。→解決する。新たなわからないがみつかる。→調べる考える→やってみる→…。

このように、わからないにも階層があって分かっても分かっても基本的に新たなわからないが見つかり、それを繰り返していく。そのテーマのわからないを一通りわかりきった時にそのテーマでのスペシャリストになっている。そんなイメージでしょうか?

だから

わからない事をわからないで終わらせてしまうと。

その奥にある何十層もある新たなわからないに気付くこともなく表面上の第一わからないもわからないままで終わってしまう。

わからなくても死ぬわけでもないし、わからなくてもなんとなく前に進めるわけなんですけど、そのわからないを追わないまま何となく前に進んでるのと、わからないを追って深掘りしてわからないの階層を掘り進んでいる状態では、

前に進む、スピード感と

前に進めずにつまづいたときに、何でつまづいているのか?の根本の原因の発見とその解決へのスピードってとこでかなり差が出ると思うんですよね^_^

で、沢山のカテゴリーのわからない。

例えば美容室経営で言えば

集客。

売り上げ。

求人。

離職防止。

客単価。

リピート率。

などなど、

これらの沢山のわからないを同時に深く追い求める事でそれぞれが相互に結びついていて事に気づいたりして、だからより沢山のカテゴリーのわからないを追いかける事が、

永続的にサロンの経営なりプレイヤーとしての売り上げだったり、マネージメントだったり長く活躍していく秘訣だったりするんじゃないかなーって思うんですよね^_^

わからないをわからないで終わらせない。

わからないをより深めて沢山のわからないを追い続けることが美容室経営者として、美容師プレイヤーとして、豊かに生きていくコツなんじゃないかなーっておもうんですよね^_^

おススメです^_^

相談、悩み、質問

どーぞ!!

↓↓↓

セミナー内容臨機応変に対応可能!!

セミナー依頼や悩み、質問、相談などどうぞお気軽に♪お問い合わせはこちら↓↓↓

bi-alive

ではでは^_^

*このメディアは【本気で一生美容師で飯を食っていく覚悟のある美容師さん限定のコアな美容師専用メディアです。】一般ウケはねらってませんし、読者は共感いただける方だけで結構です。ご意見は生産的なものに関しては受け付けてますが、ただの個人的マスターベーション的な批判は一切受け付けてません。読んでもらわなくて結構。予めご了承ください。

 


【依頼受付中セミナー】

下記クリック↓↓↓

 

セミナー依頼や悩み、質問、相談などどうぞお気軽に♪お問い合わせはこちら↓↓↓

bi-alive

関連記事

  1. 美容師として売れるには?を1番簡単に解決する方法。

  2. 美容師の予約枠とビットコインの関係。

  3. 髪質とか骨格のせいにしてる美容師は売れない。

  4. お客さんとの絆に逃げるな。

  5. 2人掛け持つ美容師と5人掛け持つ美容師では見える世界が違うって話。

  6. 美容師で年収2000万を目指す考え方。

  7. 美容師にプライドっている?

  8. 美容師との相性が合うとか合わないとかの【相性】について。