美容師の完璧主義ってどう?

さっさてさて、

皆さんは完璧主義でしょうか?

完璧主義をwebで調べると

こんな感じ↓↓↓

完璧主義って一見いい感じですねー^_^

なのですが、

矢印ぶぶんに注目すると面白いんですよね^_^

完璧主義ってなんだか辛そうなんですね(^◇^;)

でっ美容師に完璧主義を置き換えるとどうでしょうか?

そもそも美容師における、

完璧ってなんなんでしょうか?

完璧なカット、完璧なパーマ、完璧なカラー

お客さんの数だけお客さんにとっての完璧が違う中での

完璧…

それつまり美容師側が、お客さんに最適化することなんですよね^_^

これつまり

自分(美容師側)にとっての完璧って的が外れててお客さんにとってはどーでもいいし関係ないんですよね(^◇^;)

だから僕は全然完璧主義じゃない!!

でもお客さん毎でのお客さんにとっての完璧な美容師は目指してて…

それって完璧主義じゃなかなかできないんですよね(^◇^;)

なんでか?

完璧主義って=失敗したくない主義

だから挑戦、チャレンジが、なかなかできない。

でも、挑戦、チャレンジなくして経験値は積めないし、感想は聞けないし、改善ができない!!だから前には進めないんですよね(^◇^;)

あってるか間違ってるかわからないけど、

とりあえずやってみないと、そのお客さんのフィードバックが得られないからそのお客さんの完璧なんて何時間、何年、何十年かけようがわからない訳なんですね(^◇^;)

やってみなければお客さんの好みや傾向のフィードバックが得られない!!

なので完璧主義って初動がどーしても遅れるし、フットワークが重いんですよね(^◇^;)

っでその完璧主義の完璧はお客さんに最適化されてないから、

初動が遅い割に、的外れな場合、ニーズに答えられない場合が多いいんですよね(^◇^;)

いいか悪いか、完璧か完璧じゃないかなんて結局やってみて体感してみないとお客さん自身だってわからないわけなんですね(^◇^;)

だから

とりあえずやる→感想をきく→改善してやってみる→感想をきく→改善してやってみる→感想をきくこれを最速で繰り返す。

このエンドレスでちょっとずつそのお客さんにとっての完璧に近づいていく!!

だから

完璧を目指すなら

完璧主義の【主義】は邪魔なんじゃないかなぁー(^◇^;)

僕はそう思うんですよね^_^

お客さんと一緒に挑戦して一緒に経験をためて、体感した感想を聞きながら改善してまた次挑戦してふたりにとっての完璧を探してみる。

完璧ってお客さんと2人で目指すもの。

僕はそー思うんですよね^_^

参考にしてみて下さい^_^

 

*このメディアは【本気で一生美容師で飯を食っていく覚悟のある美容師さん限定のコアな美容師専用メディアです。】一般ウケはねらってませんし、読者は共感いただける方だけで結構です。ご意見は生産的なものに関しては受け付けてますが、ただの個人的マスターベーション的な批判は一切受け付けてません。読んでもらわなくて結構。予めご了承ください。


【依頼受付中セミナー】

下記クリック↓↓↓

その他セミナー内容臨機応変に対応可能!!

セミナーお問い合わせはこちら↓↓↓

bi-alive

 

関連記事

  1. お客さんとの絆に逃げるな。

  2. アシスタントのうちから知っとくとデビュー後すぐ売れる考え方。

  3. 美容師がInstagramをやるべき本当の理由。

  4. 上手い美容師って何?

  5. セミナー事例。2018年4月【株式会社bless様向けフォトセミナー】…

  6. まず相手の立場に立つ事。主観は後。

  7. 美容師が勘違いしている【似合わせる】の本当の意味。

  8. 美容師がブログやSNSで新規を自己集客するためにまず考えるべき事。