もう新卒なんかいらない!!これからの美容室求人で本当に必要な人材!!

さっさてさて皆さんのお店では

新卒採用はしていますか?

今日は

美容室求人における新卒採用における考え方を書いていきます^_^

僕個人としては新卒採用については、

いい面と悪い面があると思っていて使い分けが大事だと思っているのですが今日は主に新卒採用における暗黒面から見たこれからの考え方を書いていきたいと思います^_^

もう新卒なんかいらない!!これからの美容室求人で本当に必要な人材!!

って話。

はじまりはじまり〜

今日話していくのは

・新卒採用をするメリットとデメリット

・新卒採用が向いてるサロン向いてないサロン。

・今新卒生が美容室を消耗させている。

・離職率の高い新卒なんかいらない!!これから本当に必要な人材

ここら辺の話をしていきます^_^

それではいきましょー!!


・新卒採用をするメリットとデメリット

美容室における新卒採用と中途採用!!

果たして新卒採用をするメリットとデメリットってなんなんでしょうか?

整理していきたいと思います^_^

【新卒採用をするメリット】

・ゼロから育てられるのでサロンの文化やイズムを根付かせる事ができる。

・ゼロから育てるので他のお店のクセや経験が邪魔をしない。

・毎年新卒採用をしていればサロンスタッフの年代のバランスが整う。

ゼロから育てられる。まっさらな状態から育てられるってとこに唯一にして無二の価値があるのが新卒採用ですね^_^

【新卒採用をするデメリット】

・即戦力にならない。

・教育に手間と時間がかかる。

・礼儀とか社会常識という美容室に関係ないところから教えないといけない。

・すぐ辞める可能性が高い

・弱い

・失敗が多い。

・学生ノリ

・社会常識がない事から既存スタッフにストレスを与える。

デメリットはあげればキリがありませんw

コスト的にもひと昔前で有れば安い給料で雇えた新卒生ですが最近の美容室の人材不足問題と新卒生が求人を見るさえに重要視するのが

・給料

・休み

・スタッフの仲の良さ

っである事から新卒生の初任給も美容室業界では昔よりコストが上がり、なんともコスパの悪い感じになっているのが美容室業界の現状です!!


・新卒採用が向いてるサロンと向いてないサロン。

ではどういった美容室が新卒を採用するべきであり、どういった美容室が新卒を採用するべきではないのでしょうか?

【新卒採用が向いてるサロン】

・経営的に体力のあるサロン。

→何かとコストのかかる新卒生!!

それでもサロン運営に影響がない、人員的にもお金的にも時間的にも余裕のあるサロンが新卒採用に向いてるサロンと言えます。

・小型店ではなく中規模以上の美容室でなおかつスタッフが年代別に在籍しサロンの文化や、イズムがしっかり継承されてるサロン。

→何かとデメリットの多い新卒生ですからサロンとして体力のあるサロンじゃないとなかなか新卒生の面倒を見るのが難しいと思います。

例えば小規模サロンや中規模サロンでもスタッフがベテランと若手しかない中間層が抜けてるサロンなど、40代以上や30代後半が20歳の新卒を教育する場合、生きてきた時代。見てきたもの。受けてきた教育。価値観が違い過ぎてお互いに言葉が通じない事が多々発生します!!

・教育に対するスタッフのリテラシーが高いサロン。

→美容室とは人材育成産業です!!

どれだけ人を育てられるかが今後のサロンの永続的な繁栄に繋がるわけですがこの意味をスタッフ全員に共有されていてそれが文化になってるサロンは新卒採用に向いてるサロンと言えるでしょう。

【新卒採用が向いてないサロン】

上記の逆ですね!!

・スタッフがバラバラのサロンでサロンとしての軸が確立されてないサロン。

→スタッフ毎の考え方がバラバラでサロンとしての一貫性がなくまとまりの無いサロンでは新卒生は様々な考え方に混乱しすぐ離職してしまうでしょう。

・教育が確立されてないサロン

→新卒生は当たり前ですが今までずっと学校で与えられて来た課題をやるだけの、受身的に育てられて来た子がほとんどです。自分の頭で考えて行動する事はほぼ出来ない中で、教育の確立されてないサロンではただひたすら指示待ちの新卒生では、なかなか技術が進まず既存スタッフも新卒生自身もストレスがたまります。

教育カリキュラムが、しっかりできていないサロンではやっぱり離職の確率が高まります。

・福利厚生の弱いサロン。スタッフの仲が悪いサロン。

→最近の新卒生が望む環境は

・給料

・休み

・スタッフの仲の良さです。

それらが弱いサロンだと、ギリギリ入社まで漕ぎつけても友達などの横のつながりからの情報で隣の芝生が青く見えすぐそっちに行ってしまうでしょう。


・今、新卒生が美容室を消耗させている。

これらの新卒採用におけるメリットデメリットや新卒採用すべきサロンとそうでないサロンで考えた時に日本における大半のサロンは新卒採用に向いてない中規模以下のしかも新卒と歳の近い中間層のスタッフが抜けてるサロンばかりだと思うんです。

そういったサロンで盲目的に新卒採用を続けていると、

毎年のように入っては辞める。入っては辞める。入っては辞める。

1.教育をしている既存スタッフの心の体力が消耗していく。

2.辞めてしまうから注意できなくなる。注意出来ないから育ちが遅い。サロンワークで戦力になるまで時間がかかる。

3.社会常識のない新卒生に既存スタッフが翻弄される。

4.新卒生に期待しなくなる。情熱がなくなる。

5.愛と情熱を受けられない新卒生は辞める。

この泥沼のような負のループに陥り既存スタッフが激しく消耗していきます。

今日本の美容師は営業後の若手の教育に激しく消耗しています!!

報われない営業後の若手の教育で

やがて既存スタッフの離職が起こる。

新卒採用をする準備が出来てないにもかかわらず新卒採用を盲目的に続けているとやがてサロンのバランスが崩れていきます!!

そうならないためには、

新卒採用をするならまずはサロンをそれ用にアップデートさせなければなりません!!

でも、ちょっと待って下さい!!

なんで新卒採用してるんですか?

メリットとデメリットを天秤にかけた時に

新卒採用必要ありますか?

なんとなく新卒採用をとってるだけですよね?


・離職率の高い新卒なんかいらない!!これから本当に必要な人材

っでここからは僕の新提案なんですが、

今、日本にあるほとんどのサロンが欲しい人材って、

・辞めないスタッフ

・即戦力になるスタッフ

・安定感のあるスタッフ

・教育のいらないスタッフ

この4つが揃うスタッフがいればめちゃめちゃコストパフォーマンスが高いわけですよね?

わざわざ

・辞めやすい新卒

・即戦力にならない新卒

・安定感のない新卒

・教育に時間がかかる新卒

をとる必要なんてないわけです!!

そんなのはデカいサロンに任せとけばいいわけです!!

では

・辞めないスタッフ

・即戦力になるスタッフ

・安定感のあるスタッフ

・教育のいらないスタッフ

こんなスタッフはどこにいるどんなスタッフなのでしょうか?

ここにこの負のループから抜け出せる革新的な答えがあります!!

それは…

関連記事

  1. これからの時代、美容師として豊かに生きていくのに必要な事。

  2. 美容師における指名の【種類と深度】って話。

  3. 美容室を開業して1年以内に60%が潰れるという事に関して。

  4. 美容師で年収2000万を目指す考え方。

  5. 壁にぶつかった時に自分を見つめ直す考え方

  6. 【新規集客できるスタイルとは?】に対する考察。

  7. フィードバックが美容師を強くする!!

  8. 美容室経営を安定させたい!!それなら新規事業で収益の軸をずらす。

おすすめ記事

  1. bi-alive

  2. bi-alive

  3. bi-alive

  4. bi-alive

  5. bi-alive

  1. bi-alive

  2. bi-alive

  3. 全ての記事一覧

  4. bi-alive

  5. bi-alive

最近の記事 おすすめ記事