美容師が考えるべき丁寧(ていねい)とは?

さっさてさてみなさんは日々丁寧に美容師をしていますか?

丁寧ってとっても大事でただそれだけで指名が増えるかなぁーって僕なんかは思うんですよね^_^

なので

今日は美容師が考えるべき丁寧さについて語って行きたいと思います^_^

丁寧ってどういう意味かというと

1.
動作・態度などがぞんざいでなく礼儀正しいこと。

2.
仕事のやりかたが雑でなく、念入りなこと。

らしいんですね^_^

でっ僕はウチのお店のスタッフなら知っていると思うのですが、

割と雑なんですね人間としてかなりざっくりな人間www

なんですがサロンワークでは良くお客さんにすごく丁寧ですねーって言われます^_^

そんな僕が心がけている美容師としての丁寧を今日はお伝えします^_^

では行きます!!

僕が心がけている美容師としての丁寧って

ただひとつ。

時間に始まり時間に終わる。

僕はこのお客さんの時間に対して常に礼儀正しく誠実に親身に念入りに考えています^_^

なぜなら

時間って人間にとって1番大切なお金で買えない唯一無二のコントロールできない事。

なので時間に対してルーズな美容師は丁寧ではないと僕はおもうんですね(^◇^;)

だからと言って僕はめちゃめちゃ施術が早いのかっていうとそういうわけでもない(^◇^;)

なのですが、

相手の時間に対して僕はめちゃめちゃ丁寧。

なつもりwなんですね^_^

そんな僕のサロンワークで気をつけている時間のテーマは3つ!!

まずは

永遠の疑問?

1.時間をかけた方が丁寧なのか?

僕が思うにみなさんの中では時間をかける事=丁寧

そーんな事を思っている方がいるとおもうのですが、

それはそもそも論点がずれていて、

僕の場合お客さんの時間を尊重する事が丁寧だと考えているんですね、

だから

時間をかけない事が丁寧な場合がある。

もちろん時間をかける事が丁寧な場合もある。

つまり、

使う時間をポイントに分けて配分を常に考えています^_^

大事なポイントには時間を使うけど

ポイントではない部分は極力時間はかけない。

お客さんの大切な時間を無駄に搾取しない事!!

なので、ケツはしっかり守りながら大事な部分とそうじゃない部分の時間割を配分わけする。

今日お客さんが来たメインの理由=1番丁寧に対応する部分

そうじゃない部分はメインの部分に時間をかけるために時短で、メインに使える時間の貯金を!!

カットカラーが2時間だとして、

2時間半無駄にかける事は丁寧ではなく、

相手の時間に対して不親切!!

例えば今日は前髪をつくる事がメインだったら

時間の構成比率は

前髪のカウセリングと、前髪カットに5割の時間を使う。

その他は時短。

さすがにちょーオーバーですけどそんなイメージです^_^

できっちり2時間に収める。

そして

もうひとつ大事なのは

2.お客さんのこの後の予定に気を配る事。

基本的にお客さんは、

美容室が

好きな人と

あまり得意じゃない人

嫌いな人

どちらでもない人。

の4パターンだと思っていて、

好きな人は少数!!

好きな人は今日の1番の予定が美容室。

この場合美容室の滞在予定時間を多めに見積もってくれる。

だけど残りの

あまり得意じゃない人

嫌いな人

どちらでもない人

は美容室にかける目安時間をわりと最長で考えている、なのでネットでカットカラー2時間って目安で書いてあったら2時間でマスト終わると考えている。ココをオーバーする事をあまり想定してないんですね(^◇^;)

なのでオーバーすると満足度がどんどん下がっていくし、割とそのあとタイトに次の予定をいれている場合が多いい。

そして何より皆さん忙しい!!

忙しい中美容室に来てくれてる方が多いい!!

だから僕は必ず

1.最初のカウンセリング後今日の目安時間を最初に伝える。

2.今日はお急ぎじゃないかこの後の予定がタイトなのかそうでないのか聞く。

3.途中でメニュー変更したら都度更新した目安時間を伝える。

4.時間が推しそうだったら改めてかかりそうな目安時間を伝える。

5.仕上げの時はお客さんの時間と気分によって最短仕上げ(乾かすだけ)で行くか時間より美容室クオリティ(巻きとかスタイリングとかに時間をかけていいのか?)かお客さんに選んでもらう。

そして最後に

3.お客さんの滞在時間の内容に丁寧に対応する。

お客さんって美容室にいる時間って基本的に、美容師にされるがまま、自由に動けない時間なんですね(^◇^;)

なのでその滞在時間の不安や不快を徹底的に無くす事に気を配る。

例えば、

寒くないか?

暑くないか?

カラーがしみるのか?しみないのか?しみそうで不安ではないか?

何かカウンセリングで言い忘れてモヤモヤしてる事はないか?

カットする時カラーする時、パーマする時これはやめてくれ的な伝えたい何か不安はないか?

雑誌は見終わってないか?出した雑誌が的外れではないか?

トイレに行きたいけど言えないとかはないか?

髪が釣れて痛くないか?

アシスタントへの指示出しが少なくてちゃんと要望の共有ができているのかの不安とかはないか?

とかとかとか…

とにかく不安や不快を徹底的に無くして、

美容室の滞在時間を出来るだけ快適に過ごしてもらう。

美容師(自分)本位な時間ではなくお客さんの時間を尊重する。

僕はここにめちゃめちゃ丁寧なんですね^_^

参考にしてみて下さい^_^

*このメディアは【本気で一生美容師で飯を食っていく覚悟のある美容師さん限定のコアな美容師専用メディアです。】一般ウケはねらってませんし、読者は共感いただける方だけで結構です。ご意見は生産的なものに関しては受け付けてますが、ただの個人的マスターベーション的な批判は一切受け付けてません。読んでもらわなくて結構。予めご了承ください。


【依頼受付中セミナー】

下記クリック↓↓↓

その他セミナー内容臨機応変に対応可能!!

セミナーお問い合わせはこちら↓↓↓

bi-alive

 

関連記事

  1. 美容師との相性が合うとか合わないとかの【相性】について。

  2. 美容室を開業して1年以内に60%が潰れるという事に関して。

  3. 美容師は安請け合いしない方がお客さんの満足度はあがる。

  4. 売れるために大事なのは、感謝出来る事。ヘコむ事。自分を疑う事。

  5. 美容師は自分の中の【普通】を一回捨てるべき。

  6. フィードバックが美容師を強くする!!

  7. デザインなのかお悩み解決なのかでお客さんへのアプローチは違う。

  8. 【スタッフの離職率を下げたい】そんな時に有効な美容師の考え方。