美容師との相性が合うとか合わないとかの【相性】について。

さてさて、

皆さんは普段サロンワークをしていてお客さんにこんな事を言われたりしないだろうか?

「美容師って相性とかあるじゃないですか?」

常連のお客さんと言うよりは他店からの新規指名のお客さんに言われる事が多い。

この【相性】ってなんの事を言ってるんだろうか?

皆さんは考えたことがあるだろうか?

私が思うにこのお客さんが言っている【相性】っていうのは、

自分が伝えたい事が通じるか通じないか?

自分と髪型の好みが合うか合わないか?

自分で再現できるのかできないのか?

人としてテンションが合うか合わないか?

だいたいこの辺のことなのではないかと思う。

ココがポジティブだとそれが【相性】が合う。

ココがネガティブだとそれが【相性】が合わない。

になるんだと思う。

では美容師サイドから考えてこの【相性】は単に自分とお客さんとの【相性】が合う、合わないで片付けていいのだろうか?

ココを深く突っ込まずに、

あのお客さんとは【相性】が合うからずっと通ってくれてる。

あのお客さんとは【相性】が合わないから失客したけどしょうがない。

そんなんでいいのか?

いやっ、それは絶対に良くない。

なぜか?

それって単純に美容師としてお客さんのニーズに応えてるわけではなく、単純に自分の作りたいスタイルを作って、それにお客さんが共感するかしないかでリピートするかどうかはあとは神頼み。

みたいな話だ。

そんな美容師はリピート率が上がるわけがないし、美容師として売れる事もない。

リピート率が上がらないという事は時間的コストとお金的コストが無駄にかかっているという事で会社からしたら生産性の低い利益率の低い美容師という事だ。

この【相性】とは

要するに美容師としてお客さんのニーズに応えられるているかいないか?

つまり、

美容師として、

上手いか?下手か?

っという事をお客さん側が我慢して、相性という言葉に変換してるだけなのだ。

美容師として上手いか下手かというのは技術的な狭い世界ではなく、トータルに広い視野でみたときに美容師として上手いか下手かという事だ。

掘り下げると…

自分が伝えたい事が通じるか通じないか?

→これはお客さんの悩みや要望をしっかり聞けるか、又は気付けるか、つまり傾聴力があるかないか?

自分と髪型の好みが合うか合わないか?

→圧倒的に認知がある(インスタでフォロワー10万人以上とかの)美容師なら自分が提案するスタイルが好みのお客さんが来るだけだから美容師じゃなくお客さんがその美容師の好みに合わせてくれる。

だが全国の99.999%の認知のない美容師はお客さんの好みに合わせる必要がある。自分の好みなんてどうでもいいのだとにかくお客さんの好みに気付けるかが大事なのだ。ここも傾聴力があるかないかだ。

自分で再現できるかできないか?

→美容室帰りの髪型が気にいるのは当たり前で、

大事なのは次の日お客さんが自分の力で簡単に再現できるのか?

ここはお客さんの普段のスタイリングにかける労力と、スキル、時間をあらかじめ考慮にいれて髪型を作る必要がある。ここはやっぱり傾聴力だし、自分で簡単に再現できてその髪型がお客さん好みなのか、ココは技術力だ。

人としてテンションが合うか合わないか?

→ココは技術職である前に接客業、サービス業である以上、会うか会わないかというより、

合わせるべきだろう。ここは接客力だ。

この傾聴力と技術力と接客力

ココをトータルに網羅できれば、

それが上手い美容師であるし、

沢山のお客さんにとっての【相性】が合う美容師

っと感じてもらえるわけだ。

美容師はこの【相性】っという漠然とした言葉に惑わされてる場合ではない、そこが単純に美容師として上手いか下手かという本質なのではないか?

参考にしてほしい。

お悩み相談や質問、集客コンサル、美容師コンサルなどやってます!!

こんな記事書いてくれ〜とかも受付中^_^

気になる方は連絡ください!!

関連記事

  1. 一眼レフ?スマホ?美容師の撮影はどっちで撮るべき?違いは何?

  2. セミナーのお知らせ♪

  3. 売れる美容師と売れない美容師の接客についての考え方。

  4. 美容師がSNSをやるにあたってまずわかってないといけない初歩。

  5. 美容師のインスタで中途半端にしかならない人と集客として成功してる人の違…

  6. 美容師は一人勝ちしたかったら地域性は無視した方が売れる。

  7. 美容師として売れる為の大枠5つのこと。

  8. 努力の方向が間違っている人は売れないよって話。