【新規集客できるスタイルとは?】に対する考察。

*このメディアは【一生美容師で飯を食っていく覚悟のある美容師さん限定のコアなメディアです。】一般ウケはねらってませんし、読者は共感いただける方だけで結構です。ご意見は生産的なものに関しては受け付けてますが、ただの個人的マスターベーション的な批判は一切受け付けてません。読んでもらわなくて結構。予めご了承ください。

 

さてさて、

美容師が売り上げを上げる時に考える事を超大きく強引に2つに絞ると。

新規集客する。

そして

リピートさせる。

この2つだと思う。
まずは自分を知ってもらわないと売り上げを上げるチャンスがない。

そして

そのチャンスをどれだけモノにできるかが大事だ。

例えば

月に100人新規のお客さんが来ても、

リピート率が1%だったら月に1人しかお客さんは増えてかない。

リピート率が100%でも月に新規のお客さんが1人しか来なければ月に1人しかお客さんは増えない。

新規集客数とリピート率が高ければ高いほど最短で売り上げのある美容師になれる訳だ。

新規集客とリピート率を上げる事は美容師で生きていくには絶対的に大事な事なのだ。

そこで、今日のテーマ

【新規集客できるスタイルとは?】

これについて考えて行きたいと思う。

かくいう私は多い時はひと月に50人新規指名が入った時代も過去にあった。

最近は大体毎月30名くらいは新規指名のお客さんに来て頂いている。

そんな私の考える新規集客できるスタイルへの考察を今日は話していきたいと思う。

新規集客できるスタイルとは何だろうか?

それはつまり新規集客できるほどのスタイルという事だ。

そのスタイル画像を見つけたら、保存してその画像を近くの美容室の美容師さんとかいつも担当してもらってる美容師さんに「これにしたい」と言う。

これが一般的なスタイル画像の消費のされ方だろう。

だがこれでは新規集客にはならない。

なぜなら自分の作ったスタイルの画像を他の美容室の美容師さんが目指してつくっている事になるからだ。

ここで重要なのはその作ったスタイルを見て、作った美容師を調べて、実際にその本人の働いている美容室まで来店する事。

ここまでできて初めて新規集客になる。

では

新規集客できるほどのスタイルとはどういう事なのかというと、いくつかあると思う。

  • 誰にでも作れるわけではないスタイル。
  • 美容師に言葉で説明するのが難しい中称的なスタイル。
  • 自分の今のやりたい髪型や髪色を具現化した時にまさしくドンピシャなスタイル。
  • その美容師が作ったスタイル集を見て相対的に自分の好みの物が多いい場合。
  • 美容室に行こうと思っているエリアを調べた時にそのエリアでズバ抜けているスタイルが多いい場合。

こんな条件が当てはまった時にはじめて、そのスタイルを作った本人の所までわざわざ来店しようと思うのだ。 では一個ずつ説明していく。

誰にでも作れるわけではないスタイル。

普通に考えてほしい。

誰にでも作れるスタイル。

みんなが同じようなのを上げているよく見る感じのスタイル。

そんなスタイルを見てもわざわざ本人の所まで来店しなくても近くの美容室やいつも担当してもらってる美容師さんのところに画像を見せて終わりだ。

作った本人や他にわずかな人しか作れなさそうなスタイルは自ずと本人にやってもらわないと再現出来ない可能性が高いので自分の所まで来店してくれる。

美容師に言葉で説明するのが難しい中称的なスタイル。

お客さんにとって美容室での1番の壁は自分のやりたいスタイルを美容師さんにうまく伝えられない事ではないだろうか?

そんな時に余計になんて伝えていいかわからないスタイルはやっぱりもう作った本人にやってもらうしかない!!っとなり自分のところまで来店してくれる。

自分の今のやりたい髪型や髪色を具現化した時にまさしくドンピシャなスタイル。

やりたい髪型や髪色やパーマを探しててドンピシャなモノを見つけた時、その瞬間に凄くテンションがあがった時ってないだろうか?

そんな時はそのドンピシャなスタイルを作っている美容師のところまで行こうと思うのではないだろうか?

その美容師が作ったスタイル集を見て相対的に自分の好みの物が多いい場合。

ホットペッパーにしろminimoにしろインスタグラムにしろどれもその美容師がつくったスタイル画像が集まっている専用のスタイルページがあるだろう。そのスタイル集の平均アベレージが高い美容師は好みが近いという認識になり、この人に髪を頼んでみたい!!っとなるだろう。

美容室に行こうと思っているエリアを調べた時にそのエリアでズバ抜けているスタイルが多いい場合。

だいたいの人は自分が、住んでいる家の近くのちょっと大きい街で美容室を探すのではないだろうか?

つまりそのエリアで美容室を探してる時にそのエリアで、ズバ抜けてクオリティの高いスタイルを多くあげていれば、自ずと他の店との差別化が進み、実際に来店するところまで来るのではないか?


美容師業界では6〜7年前くらい前から始まった撮影ブームにより、美容師の全体的な撮影クオリティのレベルが毎年上がっている。

それはつまりみんなどんどん撮影が上手くなっているわけだ。

そんな中で従来のような可愛いサロンモデルさんをコテ巻きして撮影してホットペッパーやインスタにアップする。

そんなモデルさんが可愛いだけのスタイル画像なんてもはやこの世に死ぬほど溢れている。

そんな画像では集客できない事はみなさんうすうす気づいているのではないだろうか?

気づいていたら、どうするべきなのか?

本当はもうわかっているのではないだろうか?

参考にしてみてほしい。


 

 

bi-aliveとは?

まずはじめに…。

セミナー依頼LINE↓↓↓bi-alive過去のセミナー事例はこちら♪

各種セミナーのお知らせはこちら

↓↓↓

【期間限定受付中セミナー↓↓↓】

随時開催。最小人数1人からのプライベートセミナー。

 

 

【依頼受付中】

下記クリック↓↓↓

関連記事

  1. 美容師が新規を自己集客したい時はコンテンツの内容にこだわらないとダメだ…

  2. お客さんとの絆に逃げるな。

  3. 売れるために大事なのは、感謝出来る事。ヘコむ事。自分を疑う事。

  4. 美容室経営者とプレイヤー美容師の考え方の違い。

  5. 美容師は過程にこだわってる場合ではないって話。

  6. セミナー事例。2018年2月【株式会社NSBコンサルティングOKURA…

  7. 美容室を開業して1年以内に60%が潰れるという事に関して。

  8. 上手い美容師って何?