美容師は営業中に上手くなれ。

さっさてさて、

皆さんは日々自分をアップデートさせているだろうか?

長年美容師をやっていて、そしてこれからもずっと美容師をやるにあたって私は思う事がある。

美容師は自分をいつアップデートさせるのか?

私のMacBook proはパソコンを使っていない夜間にアップデートさせている。

では美容師が上手くなる時間(アップデートする時間)はいつなのか?

休みの日とか営業前とか営業後なのか?

もちろんそれもある。

だが私は思う、

結婚して、子供が生まれて、親が年老いていく中で、

自分の人生を幸せに生きていく上で、

妻と共に生きていく時間。

子供を育てていく時間。

親を支えていく時間。

その他の自分の大切な人と過ごす時間。

時間は有限だ。

いつまでも美容師としてのアップデートの時間を働いていない時間を軸にのみ限定すると、

何かがおろそかになる。

家族がおろそかになる場合。

自分がおろそかになる場合。

経営を考える事がおろそかになる場合。

私は全部おろそかにしたくない。

美容師として一生上手くなり続けたい(アップデートし続けたい)

経営者としても成功したい。

家族を愛し愛されたい。

親をしっかり支えたい。

自分も大切にしたい。

時間が圧倒的に足りないのだ。

ではこう考えたらどうだろうか?

営業中に上手くなれる仕組み。

営業中にアップデートし続けられる仕組み。

1日の中で1番長く費やしている時間は働いている時間だ。

営業中にこそ美容師としての伸び代を伸ばすチャンスが膨大にある。

営業中に上手くなれれば、それはつまり月に20日以上1日10時間練習してる事になる。

これはものすごいスピードで上手くなるという事ではないか?

ではどうしたらそんな事が出来るのか?

それは営業中に全力を出すという事。

惰性でやらないという事。

お客さんと常に本気で向き合うという事。

そのために頭をフル回転させるという事。

常に少しだけ自分のキャパを超える挑戦をするという事。

よく私は美容師で営業中に、

これは〇〇だからやめたほうがいい。

これは〇〇だからこっちの方がいい。

これは〇〇だからこの髪質では出来ない。

あーだこーだ言ってお客さんを丸め込み常に自分が確実に出来る安パイなフィールドでしか勝負しない美容師さんを目にする。

コレは自分のキャパを超えないからそこに成長はないし、お客さんの満足度も上がらない。

この働き方だと営業中に成長はない。上手くなる事もないだろう。

営業中に常に自分のキャパを少しだけ超える挑戦をする。

そうすれば営業中に

新しいカットが出来るようになる。

新しいパーマが出来るようになる。

新しいデザインカラーが出来るようになる。

新しいお悩みの解決方法がひらめく。

インスタ映えするスタイリングが出来るようになる。

インスタ映えする撮影が出来るようになる。

何でもかんでも、少しだけキャパを超える挑戦をする。

身の丈に合ってない大幅なキャパ越えは営業中に、やるべきではない。

だが失敗しない程度の小さなキャパ越えを常に挑戦し続ければ、

日々毎日の営業中でどんどん自分がアップデートされていく。

上手くなっていく。

休みの日や営業前、営業後には今の自分ではまるでわからない、出来ない大きなキャパ越えな事に挑戦し練習する。

自分のアップデートさせる知識は起きてる時間中常に合間で貯めておく。

そして営業中に溜めた知識と発想と技を組み合わせた小さな挑戦を全力で積み重ねていく。

そうすれば、営業中ベースで効率よく常に上手くなり続けられる。

自分のアップデートの主軸は営業中に置いて効率よく末永く美容師としての自分をアップデートし続ける事こそが長く幸せに美容師を続けられる事にもなるのではないか?

参考にしてほしい。


美容師プレイヤー向けおすすめ記事

↓↓↓

これからの時代、美容師として豊かに生きていくのに必要な事。

美容室経営者向けおすすめ記事

↓↓↓

これからの時代、美容室経営者が生き残るために絶対大事な6つの事。

全ての記事一覧

↓↓↓

この時代を生き抜くための美容師攻略メディア【bi-alive】


インスタで美容師さんのお悩み相談アカウントやってます!!

biyoushi_consulting

↓↓↓

将来に不安がある美容師さんの不安を解消させるための

オンラインサロンやってます!!

詳しくはこちら

↓↓↓

かいとのオンラインサロン詳細!!

インスタフォロワー0から3ヶ月で

新規54人集客したやり方知りたい方はこちら

↓↓↓

関連記事

  1. 美容師として売れる為の大枠5つのこと。

  2. 美容師に必須!!新規のお客さんをリピートさせて顧客にする考え方。

  3. 今、美容室が人材を確保するために求人でやるべき事。

  4. 美容師がSNSをやるにあたってまずわかってないといけない初歩。

  5. 美容師スタイリストに待ち受けてる指名人数と壁の関係

  6. 美容師はまず前提条件を疑うべき!!っで選択肢を与える

  7. 美容師が考えるべき丁寧(ていねい)とは?

  8. そのあなたの売り上げ自力?店の力?どこに行っても売り上がれる力がないと…

おすすめ記事

  1. bi-alive

  2. bi-alive

  3. bi-alive

  4. bi-alive

  5. bi-alive

  1. bi-alive

  2. bi-alive

  3. bi-alive

最近の記事 おすすめ記事