売れる美容師と売れない美容師のポジティブの意味。

さっさてさて、

みなさんはポジティブだろうか?

美容師においてポジティブシンキングはとても大切だ。

なぜなら、沢山の失敗を乗り越えないと前に進めない仕事だからだ。

失敗しない安パイな事しかやっていない美容師に成長や成功はない。

失敗するかもしれない難しい局面を乗り越えて、

乗り越えて、乗り越えて、時に失敗して落ち込んで、また乗り越えて、乗り越えて、失敗して、乗り越えて…

そんな感じで一生続いていけると、

どんどん成長していける。

なのでこの、

失敗した時にどうポジティブに受け止められるか!!

これが売れる美容師には必須なのだ。

逆境に立った時に、ピンチな時に、いかにポジティブに考えて立ち向かえるか、これが大切になってくる。

だがポジティブにもいろんな側面がある。

それはポジティブを向かわせる先だ。

売れる美容師と売れない美容師のポジティブは、

ポジティブの場所が違う。

例えば、

難しいお客さんがいる。

難しい施術で仕上がりをいまいち喜んでもらえなかった。

ここで、

売れる美容師のポジティブは

【今回はこの部分が難しくてきっといまいち喜んでもらえなかったはずだから、次回までにココを練習して今度は喜んでもらおう】

売れない美容師のポジティブは

【このお客さんは難しいからまぁできなくてもみんな難しいって言ってるしまぁいいか。】

例えば、

売り上げが伸び悩んでる時に先月の成績を見て…

売れる美容師のポジティブは…

【新規リピート率が低いなぁ…なんでだろ?新規と既存でリピートの差があるのはなんでだろう?

技術?接客?自分には何が足りないのか、新規リピート率が高いあの人に聞いてみよう!!】

売れない美容師のポジティブは…

【新規リピート率が低いけど、まぁ今月はたまたまでしょ!!まぁ今月はみんなもちょっとリピート率低いし売り上げが下がってるわけでもないし、来月はあがるっしょ!!】

わかるだろうか?

売れる美容師のポジティブは

常に売れる為に現状できない自分を一回認めて、それを改善する事にポジティブなのだ。

弱い自分、できない自分を認める事にまずポジティブ。

そしてそれを改善する事にポジティブなのだ。

一方売れない美容師のポジティブは

常にできない自分を誰かとか何かのせいにする事にポジティブであり、

自分の心を守る事にポジティブなのだ。

常に自分は悪くない、よく頑張っている。弱い自分、できない自分をポジティブで守り思考停止状態にしている。

 

 

 

売れる美容師のポジティブは肯定的。

売れない美容師のポジティブは楽観的。

同じポジティブでもポジティブの向かう先を間違えると、

成功から大きく遠ざかる事になる。

あなたのポジティブはどっちだろうか?

参考にしてほしい。

 

*このメディアは【本気で一生美容師で飯を食っていく覚悟のある美容師さん限定のコアな美容師専用メディアです。】一般ウケはねらってませんし、読者は共感いただける方だけで結構です。ご意見は生産的なものに関しては受け付けてますが、ただの個人的マスターベーション的な批判は一切受け付けてません。読んでもらわなくて結構。予めご了承ください。


【依頼受付中セミナー】

下記クリック↓↓↓

その他セミナー内容臨機応変に対応可能!!

セミナーお問い合わせはこちら↓↓↓

bi-alive

 

 

 

関連記事

  1. 売れるために大事なのは、感謝出来る事。ヘコむ事。自分を疑う事。

  2. デザインなのかお悩み解決なのかでお客さんへのアプローチは違う。

  3. 美容師は都内と郊外(地方)で売れ方が違う理由。

  4. 美容師として失敗しないように生きてるという事は成功しないように生きてる…

  5. 髪質とか骨格のせいにしてる美容師は売れない。

  6. 代替え案を出せないならそこで終了って話。

  7. 美容師は疑問力(なぜ?に気づく力)を鍛えると今よりずっと幸せになる。

  8. 実は美容業界はブルーオーシャンだって話。