肩書きなんて無意味!!バックアッププランがないなら売り上げから逃げてはいけない。

さっさてさて、

皆さんは自分の売り上げを気にしているだろうか?

個人売り上げから逃げてはないだろうか?

美容師は30代を越すとキャリア10年越えになる。

世間の企業ならまだまだ若手だが、

10年間の離職率92%の美容師業界でいうと、上位8%に入る。

早くも肩書きがつき始め、

副店長、店長、ディレクター、経営者とかになり始めてくるかと思う。

どんどんマネージメント業務が増えてくるかと思う。

このタイミングで、

売れてない美容師は

マネージメントに専念するという言い訳で自分の個人売り上げから逃げ始める美容師が多いいように感じる。

下を育てるために…

下に譲る…

等々、言い訳は死ぬほどあるだろう。

もちろん人材育成産業の美容師業界において、

売れっ子を育てることの方が大切なのは間違いない。

だが、

その前に…

あなた自身に

バックアッププランはあるのか?

80歳まで生きるとしたら30代だとまだあと約50年ある!!

その50年を生き抜けるバックアッププランはあるのか?

会社が倒産した時の自分を想像した時に、

ただの人

になってしまう美容師は売り上げから逃げるべきではない。

なぜなら?

髪が切れるだけのお客さんを持ってない美容師の価値は低い。

この日本にそんな美容師は死ぬほどいるからだ。

会社での評価はあくまでその会社が存続してる場合のみだ、

そんな肩書きに意味はない。

そんな肩書きにしがみついてるよりも、

個人売り上げを上げる事を目指し続けるべきである。

なぜなら?

その先にバックアッププランが見えてくるからだ。

売り上げを上げる美容師=その要因がある。

その要因でそのままズバ抜けて特化すればその要因がそのまま人生のバックアッププランになるからだ。

売り上げを上げている時点でまず自分についてくれてる沢山のお客さんがバックアップになる。

自分にお客さんがついていれば、

会社が倒産しても、

自分で独立してもいい。

高待遇、高条件で他の会社にいってもいい。

これがまず1つ目のバックアップになる。

そして自分が売れてる要因があればあるほどにバックアッププランが増えるのだ。

カット力。

パーマ力。

カラー力。

アレンジ力。

SNSのフォロワー数。

集客力。

撮影力。

接客力。

web力。

売れてる要因を育てる&増やす。

そして特化させる。

そうすれば次の展開を育てる事ができる。

本を出してもいい。

独自の商品開発をしてもいい。

セミナーをやってもいい。

webスクールをつくってもいい。

インフルエンサーになってもいい。

ユーチューバーになってもいい。

web系の制作会社もつくれるだろう。

すごいスピード感で変わっていくこれからの時代にバックアッププランはいくつもあった方が間違いなくいいのだ。

あなたの人生にバックアッププランはあるだろうか?

ないなら、個人売り上げから無意味な肩書きに逃げてる場合ではない。

参考にして欲しい。

 

*このメディアは【本気で一生美容師で飯を食っていく覚悟のある美容師さん限定のコアな美容師専用メディアです。】一般ウケはねらってませんし、読者は共感いただける方だけで結構です。ご意見は生産的なものに関しては受け付けてますが、ただの個人的マスターベーション的な批判は一切受け付けてません。読んでもらわなくて結構。予めご了承ください。


【依頼受付中セミナー】

下記クリック↓↓↓

その他セミナー内容臨機応変に対応可能!!

セミナーお問い合わせはこちら↓↓↓

bi-alive

 

 

 

関連記事

  1. 店販もメニューも売り込もうとする時点で売れないよって話。

  2. 一眼レフ?スマホ?美容師の撮影はどっちで撮るべき?違いは何?

  3. 美容師がおじさんになると売れなくなる7つの理由。

  4. 美容師が『お任せで』というオーダーで気をつけないといけない事。

  5. セミナー事例。2018年2月【株式会社NSBコンサルティングOKURA…

  6. セミナー事例。2018年4月【株式会社bless様向けフォトセミナー】…

  7. 2人掛け持つ美容師と5人掛け持つ美容師では見える世界が違うって話。

  8. 美容師との相性が合うとか合わないとかの【相性】について。