美容師プレイヤー必須!!店ではなく自分に顧客をつける具体的戦略。

さっさてさて、

皆さんは例えば自分が独立したとしてどのくらいのお客さんが自分について来てくれるとおもいますか?

9割?6割?4割?2割?

っでそこにそのための戦略はありますか?

せっかく雇われとして働いているならリスクの少ない雇われのうちに独立した時のために出来るだけ顧客を貯めて独立した先に連れて行きたいですよね?

今の顧客を捨てて0から美容室経営をやるとどーしても運転資金が必要になってきますよね^^;

でも顧客をほとんど連れて行くことができればいきなり黒字から始められますよね?

又、仮に独立でなくて会社を辞めて別の会社で働く時も自分についている顧客がたくさんいれば安定した収入がキープできますよね?

今日はそんな話

美容師プレイヤー必須!!店ではなく自分にお客さんをつける具体的戦略。

今回この記事で話していこうと思うのが

・お店についてるお客さんと自分についてるお客さんの見極め方

・お店についてるお客さんを増やすメリットとデメリット。

・自分についてるお客さんを増やすメリットとデメリット。

・自分についてるお客さんを増やす具体的戦略。

この辺について語っていきます^_^

それではいきましょー!!


・お店についてるお客さんと自分についてるお客さんの見極め方


っで皆さんの中には自分指名のお客さんが自分についてるお客さん!!

フリーのお客さんがお店についてるお客さん!!

そう思ってる方がいると思うのですが、

僕は指名のお客さんの中にも

しいて言えば指名のお客さん、ギリギリ指名のお客さんも含まれていると思うので、

線引きは指名かフリーかっていう単純なものではないかなぁって考えているんですよね^_^

例えば自分が

・他の店舗に異動したとき。

・他の会社に転職した時。

・フリーランスになった時。

・独立した時。

この時について来てくれるお客さん=自分についてるお客さん

僕はそうおもうんですよね^_^

なので、

・しいて言えば指名

・ギリギリ指名

・なんとなく指名

は自分についてる顧客だと考えない方がいいのかなぁと僕は思うんです^_^

このことについては

指名の深度という形で過去に詳しく書いているので良かったら見てみて下さい^_^

関連記事

↓↓↓

美容師で代替えされない存在になる!!絶対指名客を手に入れる方法!!

美容師の指名の深さについての話。

っで今回の本題の自分についているお客さんか?お店についてるお客さんかの見極め方なんですけど、

ポイントは

美容師がお客さんに合わせるのではなく

お客さんがどこまで美容師(自分)に合わせてくれるか

ココがポイントです^_^

ポイント1.自分のあいている時間に合わせてもらえるか?

→午前中希望の指名のお客さんが例えば予約が19時しかあいてない時でも合わせてくれる!!

この場合は自分についてるお客さんの可能性が高いですね^_^

逆にそしたら他の担当で!!っとなってしまうようならお店についてるお客さんです!!

ポイント2.自分の休みに合わせてくれるか?

→例えば3連休や4連休を取った時にその翌日出勤した時にお店の予約帳を見たら自分の連休中に普段自分指名のお客さんがフリーで来店してたのを見つけた場合。

この場合は自分のお客さんではなくお店についてるお客さんです!!

ちなみに僕は先日育休で2週間休みを取ったのですが僕指名のお客さんはその2週間でひとりも来店してませんでした!!

みんな僕の連休明けを待ってくれてました!!

この状態がお客さんが自分の休みに合わせてくれてる状態です!!

ポイント3.指名料金が発生した時でも変わらず指名してくれるか?

先程のポイント1.と2.は時間を合わせてくれる場合です。では値段ではどうでしょうか?

指名料金が発生!!

又は指名料金が上がった時に自分指名から離れてしまうお客さん!!

この場合はお店についてるお客さん!!

それでも変わらず指名してくれるお客さんこれは自分についてるお客さんです!!

値段と時間を合わせてくれるお客さん!!

そして、最後

距離(場所)も合わせてくれるお客さん!!

これがすなわちお店ではなく自分についてるお客さんなわけです^_^

なので、雇われのうちに見極められるのは

時間と値段ですね^_^

この2つを合わせてくれるお客さんは自分についてるお客さんの可能性が高いお客さんです^_^


・お店についてるお客さんを増やすメリットとデメリット。


コレは主にお店側にメリットがあります!!

【メリット】

・売り上げがスタッフの入れ替わりにかかわらず安定する。

→お店にお客さんがついていればスタッフの離職があってもお店にお客さんが残る。

・スタッフの力量に売り上げが左右されない。

→お店が気に入って来店しているのでスタッフ個々人の技術に満足度が左右されない属性のお客さんが増える。

・特定のスタッフへの依存度を下げられる。

→売れてるスタッフに気を使うとかが無く、会社としてブレない強気の経営スタンスでいける。

【デメリット】

・スタッフのやりがいやモチベーションを保つ仕組みが必要!!

→スタッフにもお店を好きになってもらう仕組みや空気づくりが必要!!


・自分についてるお客さんを増やすメリットとデメリット。


【メリット】

・会社に媚を売らずに働ける

→自分にお客さんがついている場合職場はどこでもいいので会社からの評価を気にしなくていい。

・いつでも独立、転職できる。

→自分にお客さんがついてる場合自分のタイミングでステージを変えられる。

・働く時間やは働く日数に縛られない。

→自分にお客さんがついてる場合お客さんが自分に合わせてくれるので就業時間や就業日数に縛られない働き方ができる。

【デメリット】

・特になし


・自分についてるお客さんを増やす具体的戦略。


っで自分にお客さんをつけるって意味としては2つの視点があってそれは

1.お客さんの心をつかむ

→コレは技術やカウンセリングや雰囲気や絆でお客さんの心をつかむ!!

コレは指名の深度をあげるって事ですね。

関連記事

↓↓↓

美容師で代替えされない存在になる!!絶対指名客を手に入れる方法!!

美容師の指名の深さについての話。

ここら辺を参考にしてください^_^

もうひとつは

2.仕組みをつくる。

コレは戦略ですね!!

今回はコチラの具体的戦略を書いていきたいと思います^_^

っでその戦略って何かって言うと

とにかくお客さんと繋がる事です!!

僕は自分のお客さんと徹底的に繋がって僕がどこに行ってもすぐに連絡がとれる又はお知らせができる状態にしています!!

なぜ繋がる事が大事か?

お客さんをお店から切り離して自分が取り込むためです!!

お店のホームページ

お店のネット予約

お店のホットペッパー

から切り離して

自分の個人メディア(ブログ、SNS)

自分への直予約!!(公式LINE)

に引き込んで【脱お店】をさせるのが狙いです!!

っで繋がる手段としては

具体的に言うと

・ブログ

・Instagram

・公式LINE

・Facebook

っですね!!

僕の場合はこのいづれか全てを合わせるとほとんどのお客さんと繋がっていていつでも僕から連絡やお知らせができる状態に戦略的にしています^_^

・ブログ

僕のお客さんは常に毎日50人から100人くらいは僕のブログを見に来てくれます!!

どういうことかと言うとこのブログへの流入経路のダイレクトっと言うところを見ていただきたいのですがこれは検索してないで直でブログを見に来ているという意味です。

つまり僕のブログがブックマークしてあるっという事です!!

定期的にお客さんが僕のブログを見に来てくれるので例えば僕がどこに行ってもお客さんは見つける事ができます^_^

・Instagram

僕は主に2つのアカウントを育てていて

1つはデザイン用のアカウント

もう一つはお悩み解決用のアカウント

このどちらかではお客さんと繋がっているのでいつでも自分のお客さんにお知らせが出来るようになっています!!

・公式LINE

僕は予約専用の公式LINEを持っているのですが僕のお客さん1000人以上が登録しています!!

コレでいつでもお客さんにお知らせが出来ます!!

・Facebook

Facebookでは主にInstagramをやってない大人世代のお客さんと繋がっています!!

ではココからはどのようにお客さんと繋がるか?

この僕の戦略をお伝えしていこうと思います^_^

このように

お店(会社)ではなく個人として徹底的にお客さんと繋がることによっていつでも自分の情報をお客さんに発信できるようにする事でお店ではなく自分にお客さんをつけるような仕組みを作っています^_^

ちなみに僕は自分からお客さんに、

インスタフォローして下さいとか公式LINE登録してくださいとか言ってません!!

ひとりづつ地道にとかめんどくさいですし、

なんかフォローや登録の押し売りみたいになってしまうのも嫌なので(^◇^;)

お客さんが勝手にフォローや登録をする様な仕組みを戦略的に作っています^_^

それではその具体的戦略をご紹介していきます^_^

お客さんが勝手に僕とつながってくれる最大にして唯一のポイントが…

関連記事

  1. アシスタントのうちから知っとくとデビュー後すぐ売れる考え方。

  2. もう新卒なんかいらない!!これからの美容室求人で本当に必要な人材!!

  3. 美容室経営を安定させたい!!それなら新規事業で収益の軸をずらす。

  4. 美容師が考えるべき丁寧(ていねい)とは?

  5. 美容師として生きてくなら【ズルイ】【平等】【公平】の違いを知るべき。

  6. 美容室のマネージメント層は権力と権威の違いを理解する事が必須!!

  7. 美容師で自分は優秀だと勘違いしてる人が知るべき認知バイアスについて。

  8. 【美容師向け】失敗バレイヤージュハイライトの直し方!!

おすすめ記事

  1. bi-alive

  2. bi-alive

  3. bi-alive

  4. bi-alive

  5. bi-alive

  1. bi-alive

  2. bi-alive

  3. 全ての記事一覧

  4. bi-alive

  5. bi-alive

最近の記事 おすすめ記事