美容師のマーケティング戦略!!新規指名集客に必要な力とは?

さっさてさて

みなさんは新規指名を集客出来ていますか?

新規指名を集客できるようになると美容師として登り詰めるためのあらゆる事が好転し始めます!!

集客を会社に依存してるうちは、いつまで経っても独り立ちできません!!

って事で今日は

美容師のマーケティング戦略!!新規指名集客に必要な力とは?

って話。

はじまりはじまり〜

今日話していこうと思うのが

・今、美容師で永続的に売れたかったら絶対必要な2つの力。

・マーケティング力とは?新規指名を集客するための力。

・みんな見落としてる!!新規指名を集客するために1番大事な3つの事。

この辺の話をしていきたいと思います^_^

それではいきましょー!!


・今、美容師で永続的に売れたかったら絶対必要な2つの力。

っで美容師で売れたい、ずっと売れ続けたいって考える時に今の時代に絶対必要な力が2つあるんですけど、

マーケティング力と顧客満足度を上げる力。

この2つが今の時代の美容師には絶対に必要なんですね!!

マーケティング力とはなんぞや?

っというと、新規指名を集客する力です!!

これだけあれば売れる美容師になる事が可能になったのが今の時代です。

インスタやYouTubeが新規集客にめちゃめちゃ効果的な時代になり、

月に200人とか400人とか新規指名を呼べる時代になりました!!

新規指名だけやってれば400万プレイヤーでも600万プレイヤーでも1000万プレイヤーにでもなれる時代!!

それに伴い売れてるスタープレイヤーの年齢もめちゃめちゃ若くなりましたよね?

20代前半でも新規集客に成功して売れまくっている美容師が増えました!!

下克上の時代ですね^_^

でもここには落とし穴があって

逆にいうと

新規指名が集客できて一見売れまくっているマーケティング戦略に成功した美容師さん達。

果たして顧客満足度はどう?

最近の美容師業界の風潮ではSNSで新規集客に成功し売れてる美容師さん達がもてはやされてる時代ですが、この光があたってる部分ってマーケティングの部分なんですよね!!

その裏でもっと大事な事って顧客満足度なんですよね!!

つまりリピート率です!!

このリピート率が実はめちゃめちゃ低いのがこのマーケティング戦略だけ成功してる美容師さん達なんですよね!!

考えてみるとすぐわかるのですが、

毎月200人も400人も新規指名を呼び続けられるってどう言う事かと言うとリピート率が低くないと呼び続けられないんですよね(^◇^;)

なぜなら顧客が溜まってしまうからです!!

既存のお客さんで溢れてすぐ新規なんて入れられなくなる。

だけどずっと新規指名を呼び続けている裏側にはリピート率が低くてお客さんが溜まっていない!!

陰の部分として実はこういう現実があるんですよね!!

美容師が爆速でうれたかったらマーケティング力が必要!!

そして永続的に売れ続けたければ顧客満足度を上げる力が必要なんですね!!

新規指名を集客できて、しかもリピートさせられる!!

この2つがセットで初めて本物の売れっ子美容師と言える!!

今日のテーマは新規指名を集客する事なので、顧客満足度とリピート率の話はまた別でしますね^_^

関連記事

↓↓↓

カテゴリー【リピート率を上げる】


・マーケティング力とは?新規指名を集客するための力。

ではマーケティング戦略を成功させる力。マーケティング力言い換えれば新規指名を集客する力ですね!!

ここにはどんなものが必要なのでしょうか?

・企画力

・魅せる力。

・SNSを使う力

・拡散力

・戦略的に人を巻き込む力

・webマーケティング力

これらの力が

新規指名を集客するために必要な力です。

こうしてみると面白くないですか?

美容師っぽくないですよね?

なんか企業のマーケティング部の人みたいですよね?

そうなんです!!

美容師で新規指名を集客できてる人って思考が美容師っぽくない人達なんです!!

それでは一つずつ説明していきます!!

・企画力

→これは市場の需要と供給を見た時に自分が勝ち抜けるゾーンを見つけて、新規集客するターゲットを決めて、そこで勝ち抜く自分の売り方を考える力ですね!!

わかりやすく言うと、

美容師業界で新規集客をするにあたりライバルがまだあんまりいないブルーオーシャンなゾーンを見つける。

例えば…

カラーはもう飽和状態だからパーマで行こう!!

みたいな事ですね!!

パーマをしたいお客さんたちを集客のターゲットしよう!!

パーマで売るためには、

自分をパーマと掛け合わせた時にどういう立ち位置にしてどんなパーマをどういう風に推していけば集客できるか?

この勝ち筋を考えられる力。

これが企画力ですね^_^

・魅せる力。

これは見込み客=新規集客ターゲットに自分の作るスタイルを魅力的に魅せる力です!!

ここで絶対的に必要なのが、

スタイリング力と撮影する力です。

スタイリング力…

スタイリングでどれだけ魅力的なスタイルを作れるか?

コテの使い方とスタイリング剤の使い方。浮遊感の作り方などなど…

いくらいい感じにスタイリングしてもそれを魅力的に撮影出来なければ伝える事ができません!!

撮影する力…

モデルを撮るアングルや、どこを切ってどこまで写すか?光をどこに当てるか?ポージング、衣装の感じ、背景の作り込み、世界観などなど…

このスタイリング力と撮影する力。

この2つでターゲット=見込み客に魅力的に見せる力が絶対的に必要になってきます!!

・SNSを使う力

沢山のSNSが今はありますがどのSNSをどういう風に使うか?

例えば

どのSNSで攻めるか?

どんな投稿をするか?

ハッシュタグはどうするか?

何時に投稿するか?

コメントは何を書くか?

どのくらいの頻度で投稿するか?

などなど…。

・拡散力

拡散力が無ければいっくら投稿しても自分が広がってきません(^◇^;)

自分のファン!!

フォロワーを増やしてより多くの見込み客に自分を広げるにはどうしたらいいか?

自分を拡散してもらうにはどんな事をすればいいのか?

ココを掘り下げて追求する力が必須です!!

・戦略的に人を巻き込む力

っで自分を広げるのに1番手っ取り早い方法があるのですがなんだと思いますか?

それは人を巻き込む事です!!

どういう事かと言うと、

サロンモデルを巻き込む力。

お客さんを巻き込む力。

美容師仲間を巻き込む力。

フォロワーを増やしたい時に1番手っ取り早い方法としてタグ付けがあります!!

フォロワーの多いいサロンモデルにタグ付けしてもらう。

フォロワーの多い美容師仲間にタグ付けしてもらう。

沢山のお客さんにタグ付けしてもらってお客さんの友達にリーチする。

戦略的に人を巻き込む力が大事になってきます!!

・webマーケティング力

っで新規指名を集客するにあたり様々な戦略があります!!

みなさんの中には新規集客=SNSみたいに思ってる方も多いと思うのですが、

SNSはwebという中の一つのカテゴリーでしかありません!!

Googleという広い海の中で

ホットペッパー

アメブロ

ワードプレス

ミニモ

Facebook

TikTok

Instagram

Twitter

などなどコレらを広い視点で見ながら掛け合わせて相乗効果でより沢山の新規指名を呼ぶ!!

webマーケティングの力が必要になります!!

どうですか?

新規指名を集客する思考ってますます美容師っぽくない事がわかったと思うんです!!

美容師である前に商売である。自分という商品を売る。

この視点がどちらかというと新規指名を集客するマーケティング力としては必要になってきます!!

この視点を持つだけでだいぶ新規指名を集客するにあたり周りの美容師さん達より、有利になると思うのですが、

でも根本的にコレらの力を知ったところで、ほとんどの美容師さんがコレらの力を獲得出来ず、そして新規指名を集客できずに挫折していきます!!

挫折しないにしろ結果はいつ出るのやら?

モチベーションがどんどん下がってダラダラ続けてるだけの美容師さんがほとんどですよね(^◇^;)

ここで1番大事になってくるのがそれらの力を獲得するための考え方なんです。

これは3つでワンセット!!

この3つ事が自分の中で心でふに落ちれば新規集客は絶対できるようになります!!

でもこの3つの事が心でふに落ちない限り絶対に新規集客はできません!!

ここらからはその事を説明していきます^_^


・みんな見落としてる!!新規指名を集客するために1番大事な3つの事。

それでは説明していきましょー!!

新規指名を集客するにあたり1番大事な事って…

それは…

関連記事

  1. 美容師が考えるべき丁寧(ていねい)とは?

  2. 美容師雇われで月の給料を100%の確率で上げる方法!!

  3. お客さんとの絆に逃げるな。

  4. 2回ブリーチでホワイトカラーにする方法と薬剤レシピ!!

  5. 美容師で一発屋で終わらずにずっと売れ続けるための考え方。

  6. 美容師の離職を減らす!!実は単純で簡単な考え方とその方法!!

  7. 美容師の提案力の本質について。

  8. 美容師は自己欺瞞という病に侵されると終わる。

おすすめ記事

  1. bi-alive

  2. bi-alive

  3. bi-alive

  4. bi-alive

  5. bi-alive

  1. bi-alive

  2. bi-alive

  3. 全ての記事一覧

  4. bi-alive

  5. bi-alive

最近の記事 おすすめ記事