今、美容師は来店してない時もお客さんとの絆を育てる!!そのメリット!!

さっさてさて、

みなさんはお客さんと繋がってますか?

絆を深めてますか?

現代の美容師は大変です!!

供給過剰な美容室!!

ありすぎる美容室。

いすぎる美容師。

美容室の価値。美容師の価値。客単価。

この国ではどんどん下がっているのではないでしょうか?

でもこれは全体的な相対的な話です。

そんな全体的な相対的な流れから抜けたかったら絆の深いお客さんを沢山集める事だと僕は思うんです^_^

絆が深いお客さんを増やす事こそこれから美容師が生き残るひとつの大事なポイントになるのではないでしょうか?

でも2ヶ月半とか2ヶ月に一回しか来ないお客さんとの絆を深めるのには時間がかかりますよね?

絆が深まる前に他に行ってしまうかもしれない!!

そんな時に逆に現代の美容師は有利なんですね^_^

なぜならお客さんと繋がれるツールが沢山あるから^_^

2ヶ月に一回の来店としてもお客さんと繋がってたとしたら来店の時の1日以外の残りの59日間も絆を深められる!!

そうすれば確実に今までより早くお客さんとの絆を深められるはずなんです^_^

今日はそんな話をしていきます^_^

今、美容師は来店してない時もお客さんとの絆を育てる!!そのメリット!!

って話。

はじまりはじまり〜

今日話してくこととしては

・来店してない時にお客さんと絆を深めるメリットとは?

・来店してない時に絆を深めるために使えるツールとは?

・これだけ覚えておけばOK!!来店してない時に効果的に絆を深める最強の投稿!!

この辺を話していきます^_^

それではいきましょー!!


・来店してない時にお客さんと絆を深めるメリットとは?

ではお客さんが来店してない時に絆を深めるメリットととしては何があるのでしょうか?

・1人対多数のSNSやブログを使うことにより押し売りにならない。

僕はこれがめちゃめちゃ大事なんじゃないかなぁって思ってるんですけど、サロンにいる時ってお客さんと1対1じゃないですか?

これって何かを強く伝えると押し売り感が出る。

例えばパーマを進めたとしても

デザインカラーを進めたとしても

ヘアケア剤を進めたとしても

それに対して興味のないお客さんにとっては押し売り感が出る。

でもSNSやブログでの投稿だと

1対多数になる。

お客さんからしても興味のないお客さんからすれば別に自分に言われてる事ではない。

逆に興味があるお客さんからすれば自分はこれだ!!

ってなる。

これめちゃめちゃ気楽だし、めちゃめちゃ楽ですよね?^_^

・自己紹介が自然に出来る。

僕は美容師をしていてお客さんに自分の話ばっかりしてる美容師さんを見てると、うわーお客さんに接客されてるなぁ…。っと思うわけです(^◇^;)もちろん全部が全部そういう場合じゃないと思うのですが、

美容室で美容師と話すのが嫌い又は苦手っていうお客さんがどの統計でもダントツ多いのにもかかわらず、そういう自分の話ばかりしてしまう美容師さんを見てると心苦しい気持ちになります(^◇^;)

なのですが美容師としても自分を指名してもらうには自分がどんな美容師で何を大切にしていてどういう事をしてきたか、どういう事が得意か?他の美容師との差別化をするために自分の事を伝えないといけない!!

それを来店中の2時間にやるのは、ちょっと気がひけるけど次来店するまでの59日間にちょっとずつするのは効果的だし楽なのかなぁって^_^

そう思うんですよね^_^

・サロンでは伝えきれなかった自分のいろんな武器を知ってもらえる。

っで心理学的には人は知れば知るほど親近感を覚えて次もリピートする確率が上がる!!

これは実証済みな確定事項なんですね^_^

来店中の2時間だけじゃなく次来店するまでの59日間で、

例えば、実はパーマが得意でこんなパーマがうちにはあってこんな仕上がりになる。

なーんて伝えられたら前回カットカラーで来たお客さんにパーマ提案が出来て、勝手に次回提案になる。

パーマに対して実はすごい興味があったお客さんにとって前回来店のカットカラーの時よりむしろその投稿の方が絆を深める材料になることもあるわけですよね^_^

・お客さんとの距離が縮むスピードを上げられる。

例えば

【A】2ヶ月に一回実際会う知り合い

【B】毎日タイムラインに流れてくる知り合い。

【C】2ヶ月に一回会ってなおかつ毎日タイムラインに流れてくる知り合い。

知りあいからそれ以上にステップアップするにはどれが1番早いですか?ってなったらやっぱり【C】が早いですよね^_^

投稿の方法さえ間違わなければお客さんとの距離が縮むスピードは1番早いですよね^_^

以上の事から

来店してない時にお客さんとの絆を深めとくと

・リピート率が上がる。

・指名の確率が上がる。

・失客の可能性が下がる。

・来店頻度をコントロール出来る。

・客単価が上がる。

・次回提案が出来る。

などなどメリットとしては

工夫次第でその可能性は無限大にありますよね^_^


・来店してない時に絆を深めるために使えるツールとは?

では実際にお客さんと繋がるとしてどんなツールがあるのでしょうか?

僕のお勧めとしては

・Instagram

これはもう言うまでもありませんね^_^

お客さんにとって1番アクティブな見ることがお客さんの生活の一部になっているInstagram!!

ここのスペースに参入しないと断然損です!!

美容師としてはやはり投稿ではスタイル提案とかストーリーでは予約の状況やお店からのお知らせを流したいですよね^_^

・Twitter

これは美容師の技術的な部分ではなく人間的なユーモアな部分!?人となりを伝えるのに有効なツールですよね!!

自分のオタクな部分とかギャップな部分が逆に絆を深めてくれるかも知れません!!

・LINE公式アカウント

これは言うなれば予約専用のLINEとして使うととても便利です^_^

美容師個人で言えばお客さんを他のライバルがいないクローズドな部分で囲い込みができます。

ホットペッパーやInstagramなどライバル達の中の自分ではなくクローズドした自分のテリトリーで戦う事ができるツールとして絶対繋がってた方がいいです。

髪の悩みや相談に応える事でオーダーメイドに絆を深める事が出来ます!!

・YouTube

これは例えばスタイリングの仕方とか、施術の工程とかサロンで伝え漏れがあったときに、動画でわかりやすく伝えられので、言葉では伝わりづらい領域を補うのにとても有効なツールですね^_^

・ブログ

これは毎日とか定期的に書く事ができる人ならお客さんのライフサイクルの一部に潜り込む事ができる最強のツールです。

例えばお客さんの中で毎日とか定期的に読むのが習慣になるとかまで行けたらこっちのものです^_^

自分独自の考えをどんどん書いてお客さんをこっちの世界観にひきづりこむ事ができます^_^

・Facebook

InstagramもTwitterもやってない!!そんな大人世代もFacebookをやってる方は多いのではないでしょうか?

そんな大人世代のお客さんに

書いたブログをシェアしてさりげなく自分のブログを読んでもらうために僕はつかってます^_^


・これだけ覚えておけばOK!!来店してない時に効果的に絆を深める最強の投稿!!

っで今ご紹介したツールでどれだけ繋がったところで

投稿の内容を間違うと逆に嫌われてしまう事もあります!!

フォロー外されちゃったり、逆に失客しちゃうこともあるでしょう!!

例えばNG事例としては

・俺語り。

・下らない投稿を連発

・過激な投稿。

・自撮り。

あなたは芸能人ではなくただの美容師なんですよね!!

ここを勘違いした投稿をお客さんと繋がってるアカウントでやると絆を深めるどころか絆が離れてく事に!!

お客さんにコイツやばいなって思われる投稿をするくらいなら繋がらない方がいい!!

こう考えると、

投稿のハードルが一気に上がりますよね?

何を投稿すればいいのか?

他にもNG例としては

・中途半端なクオリティのスタイル

・心の入ってない義務化された投稿。

この辺もお客さんにとっては逆効果なんです!!

お客さんがそもそもフォローしてる美容師さんや美容室があったとすればそれは確実にハイクオリティなスタイルを上げています。

それに比べてあなたがあまりにもかけ離れたダサいスタイルを投稿してると逆にそのギャップで幻滅される事もあるわけです。

だから投稿しなきゃって義務感に追われてクオリティの低いスタイルを上げると逆にお客さんにヘタクソなんじゃないの?って思われちゃいます!!

・あとはとにかく義務感のまま書くただ投稿しただけの心がこもってない投稿。

これもお客さんにとっては自分のタイムライを汚すノイズになるだけなので、なら投稿しない方がマシです!!

ではどう言う投稿をしたら絆が深められるのでしょうか?

・これだけ覚えておけばOK!!来店してない時に効果的に絆を深める最強の投稿!!

っでこれはもうちょーシンプルなんです!!

本質は…

関連記事

  1. 深く刺さる事が出来なければお客さんは増えない。

  2. 美容師における指名の【種類と深度】って話。

  3. アシスタントのうちから知っとくとデビュー後すぐ売れる考え方。

  4. 美容師でリピート率を上げるための考え方!!パーフェクトマニュアル!!

  5. これからの時代、美容師で【普通】は致命的って話。

  6. 美容師の提案力の本質について。

  7. 美容室経営は実はチームが変わらない事が大事って話。

  8. 美容師で年収2000万を目指す考え方。