お客さんが体感してみてどう思うか?美容師はその後を考える事。

僕が思うに美容師をやっていてきっと難しい局面の1つとして、

同じお客さんを長く担当していく中で、

【ガラッと変えたい】

この局面の満足度が1つの失客する可能性が高いポイントの、ひとつなんじゃないかなぁって思うんですよね^_^

人はみんな飽きる。

お客さんだって飽きる。

あの時あんなに気に入っていた髪型だっていずれは飽きる時が来る。

ガラッと変えたい!!

その時にしっかり満足させてあげられるかどうかが、

技術=傾聴力+カット力、パーマ力、カラー力、知識。

なんじゃないかと僕は思うんですよね^_^

っでもーひとつ僕が大事だと思ってるのが、

体感した先の話。

この先の話をあらかじめ提案しておくって失客をするリスク回避になるんじゃないかなぁって僕は思うんですよね^_^

いかにお客さんを貯められるか!!

貯められなければ指名は増えないわけで、

増やす事も大事だけど減らさない事も大事!!

今日はその

【体感した先の話】

について、語っていこうと思います^_^

どーいうこと?って感じだと思うんですけど、

よくサロンワークをしている中で

「かいとさんばっさり切りたいと思うんですけどクセで膨らまないですかね?」

「かいとさんブリーチしよーかなぁって思うんですけどやばいですかね?」

「かいとさんパーマかけてみたいんですけど、ずっと前かけた時ぜんぜんかからなくて、ちゃんとかかりますかね?」

こーいうシーンってけっこーありますよね?

未来予知してくれ的シーン!!

絶対大丈夫って約束してくれ的シーン!!

この時に普通の美容師さんってたぶん

A

「あっぜんぜん大丈夫ですよー」

とか

B

「ちょっとやばいかもしれませんねー」

って感じになると思うんですけど、

僕の場合、

「ぶっちゃけやってみないとわかりませんねー(^◇^;)」

って言います!!

だって

やってみないとわからないもん!!

そー思うんですよね^_^

そのかわりやる場合にはそのリスクを詳しく説明して、

そのリスクがおこらないよーに、自分が工夫する点をわかりやすく説明するのですが、

でも、最終的には

「ぶっちゃけやってみないとわからない」

っでこのぶっちゃけやってみないとわからないって言うのは、

仕上がりがわからないのではなくて、

お客さんが体感してその髪型をどう思うのか?

「それがぶっちゃけわからない」

だってお客さん自身だってやってみて体感してみないとその髪型が気にいるかどうかなんてわからないわけなので、僕に分かるわけがそもそもないんですよね(^◇^;)

その説明ってたぶんみなさん誰もしてないと思うんですよね^_^

なので僕は、

全然できるけど、

それをやってみて

気にいるかどうかは僕には

「ぶっちゃけわからない」

そして、

「ここで何十分議論しても、やってみて体感してみないとわからない」

そー説明する訳なんですね^_^

っでこっからが大事なんですが、

その上で、

「かいとさんばっさり切りたいと思うんですけどクセで膨らまないですかね?」

→まぁ最悪膨らんじゃったらストパーとか矯正とかすれば大丈夫ですから、やってみましょーか?

「かいとさんブリーチしよーかなぁって思うんですけどやばいですかね?」

→まぁめっちゃ傷んだら切ればいいですから!!

「かいとさんパーマかけてみたいんですけど、ずっと前かけた時ぜんぜんかからなくて、ちゃんとかかりますかね?」

→まぁ弱かったらかけ直せばいいし、強かったら落とせば大丈夫ですから

わかります?

やってみて体感してみて、満足行かなかった時のプランをあらかじめ提示する。

そして、

安心してチャレンジしてもらう。

出来る。

とか

出来ないとか。

わからない未来を断定するんじゃなくて、

体感した先のプランも提示する。

その上でやりたい気持ちを応援する。

最善をつくす。

そこが出来ると、

お客さんと一緒にチャレンジするって構図が出来て

失客のリスク回避になるばかりか、

美容師とお客さんとの、

二人三脚的絆が深まるのかなぁって!!

そう思うんですよね^_^

参考にしてみて下さい^_^

*このメディアは【本気で一生美容師で飯を食っていく覚悟のある美容師さん限定のコアな美容師専用メディアです。】一般ウケはねらってませんし、読者は共感いただける方だけで結構です。ご意見は生産的なものに関しては受け付けてますが、ただの個人的マスターベーション的な批判は一切受け付けてません。読んでもらわなくて結構。予めご了承ください。


【依頼受付中セミナー】

下記クリック↓↓↓

その他セミナー内容臨機応変に対応可能!!

セミナーお問い合わせはこちら↓↓↓

bi-alive

関連記事

  1. 売れるために大事なのは、感謝出来る事。ヘコむ事。自分を疑う事。

  2. 美容師は安請け合いしない方がお客さんの満足度はあがる。

  3. 美容師として売れるには?を1番簡単に解決する方法。

  4. 美容室経営者とプレイヤー美容師の考え方の違い。

  5. 美容師がおじさんになると売れなくなる7つの理由。

  6. 美容師のインスタで中途半端にしかならない人と集客として成功してる人の違…

  7. 美容師がSNSをやるにあたってまずわかってないといけない初歩。

  8. 肩書きなんて無意味!!バックアッププランがないなら売り上げから逃げては…