美容師は一人勝ちしたかったら地域性は無視した方が売れる。

さっさてさて、

皆さんは地域性を考えて美容師をやっているだろうか?

経営者サイドとしては地域性は無視出来ない筈だ。

どういう事かと言うと。

例えばお年寄りの街の巣鴨でエクステのお店を開いても間違いなく流行らないだろう。

なぜならそこまでの需要がないからだ。

このお店は早々に潰れてしまうのではないか?

なので経営者は地域性を無視出来ない。

でもそれはお店単位の話だ。

では美容師1人単位ではどうだろうか?

逆にお年寄りの街巣鴨には圧倒的に、お年寄りを、ターゲットにした美容室が多いいはずだ。

その中でエクステに特化した美容師が1人いて、

その美容師の認知が巣鴨であれば、

巣鴨中のエクステをやりたいコアな層を独り占めできるわけだ。

で、なおかつお年寄り向けのメニューもやっていれば、

巣鴨の普通の美容師のお年寄り向けの平均的な売り上げ+巣鴨中のエクステをやりたいコア層の売り上げで普通の巣鴨の美容師よりはるかに売り上げられるのではないか?

地域性を無視してコアな層をターゲットにするのは需要は少ないが逆にライバルもいないので独り占めできるので美容師単体単位くらいなら十分すぎるほどの売り上げを上げられのではないか?

わざわざライバルの多いい層で戦わない。

コアな層をターゲットにして特化する

この発想があれば全国どこでも自分1人くらいはズバ抜けられるのではないか?

参考にしてほしい。


*このメディアは【本気で一生美容師で飯を食っていく覚悟のある美容師さん限定のコアな美容師専用メディアです。】一般ウケはねらってませんし、読者は共感いただける方だけで結構です。ご意見は生産的なものに関しては受け付けてますが、ただの個人的マスターベーション的な批判は一切受け付けてません。読んでもらわなくて結構。予めご了承ください。


【依頼受付中セミナー】

下記クリック↓↓↓

その他セミナー内容臨機応変に対応可能!!

セミナーお問い合わせはこちら↓↓↓

bi-alive

関連記事

  1. 美容師として生きてくなら【ズルイ】【平等】【公平】の違いを知るべき。

  2. まず相手の立場に立つ事。主観は後。

  3. 努力の方向が間違っている人は売れないよって話。

  4. 美容師は髪の医者という意識を持つと強くなる。

  5. これからの時代、美容師で【普通】は致命的って話。

  6. 【新規集客できるスタイルとは?】に対する考察。

  7. 美容師は自己欺瞞という病に侵されると終わる。

  8. 美容師にプライドっている?