美容師はまず前提条件を疑うべき!!っで選択肢を与える

さっさてさて、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

この世の中には

色々な考え方があり、

美容師業界においては

色々な技術があり、

色々な商材=薬剤とか機材があります。

そしてお客さんからの色々な要望=解決してほしい悩みとかやりたい髪型

があります。

その実現に向けて、

技術×商材=薬剤とか機材で

お客さんの要望を実現していくわけなのですが、

美容室ではまず、

お客さんがメニューを決めて、美容師の時間の枠を買います。

でっ美容師は買われたメニュー=時間枠でお客さんの要望を実現しよーとしていくわけなんですが、サロンワークをしていてよくこういう事ってありませんか?

「ぶっちゃけこのメニューじゃなくね?」

例えば、

予約

【カット+トリートメント】

要望

「表面のホワホワ毛をなんとかしたい」

これ普通に美容師やってたら

普通に

「かしこまりました!!クセのまとまりを良くするトリートメントでほわ毛をなんとかしますね?」

ってなるのですが…

これ僕だったら内心

「トリートメントじゃなくてストパーとか矯正のが確実じゃね?」

って思うんですよね(^◇^;)

でもお客さんはトリートメントでなんとか出来ると思っている!!

もしくは酸熱トリートメントのことを言っている?

もしくはストパーとか矯正はやりたくないけどなんとかしたいと思っている!!

もしくはストパーとか矯正っていう発想がない!!

だからなんとなく

「カット+トリートメント」の予約ボタンを押しているだけなんですよね(^◇^;)

この前提条件にとらわれすぎるとお客さんの

本質的悩みの要望に対して浅いアプローチしか出来ず、満足度が上がらない場合ってけっこーあるなぁーって思ってて、

だから、

僕だったら、

「この場合ぶっちゃけトリートメントっていうかストパーか矯正の方が確実だと思うんですよね?今までトリートメントとかカットでホワホワ毛って解消しましたか?カットでどうこうできるものでもないし、トリートメントでもやりたてだけいいかもしれないけど、時間がたつとまたホワホワ出てきちゃうと思うんですよね(^◇^;)?

だったら表面の根元から中間だけストパーか矯正して確実にクセ伸ばしちゃった方が確実にホワホワ毛は解消できると思うんですけどどう思いますか?

もちろんカットトリートメントで、チャレンジしてみてもいいし、

ポイントストパーもしくは矯正で確実にホワホワ毛解消してもいい、どっちでも僕は大丈夫です^_^」

僕の美容師としての独自の提案をしつつ、でもお客さんの仮説も、確実な手段ではないけどチャレンジしてみてもいいしどっちにしますか?

って感じで選択してもらう。

ちゃんとお客さんの意見もくみつつ、お客さんに委ねる。

っでしっかり納得してもらって要望の解決に臨む。

予約のメニュー=前提条件にとらわれずに

お客さんの要望を解決するメニューをこちらが提案する。

そしてお客さんに選んでもらう。

コレがお客さんの本質的ニーズを解決する=満足度が上がるポイントなんじゃないかなぁって思うんですよね^_^

参考にしてみて下さい\(^o^)/


売れるための技術!全部教えちゃいます!!

↓↓↓

売れる技術!!

美容師プレイヤー向けおすすめ記事

↓↓↓

これからの時代、美容師として豊かに生きていくのに必要な事。

美容室経営者向けおすすめ記事

↓↓↓

これからの時代、美容室経営者が生き残るために絶対大事な6つの事。

全ての記事一覧

↓↓↓

この時代を生き抜くための美容師攻略メディア【bi-alive】


お悩み相談や質問、集客コンサル、美容師コンサルなどやってます!!

こんな記事書いてくれ〜とかも受付中^_^

気になる方は連絡ください!!

関連記事

  1. このバレイヤージュ風オレンジ系カラーの作り方と調合。

  2. 動画で公開!!今流行りのショートの切り方教えちゃいます!!

  3. 美容師は髪の医者という意識を持つと強くなる。

  4. フォロワー数は関係ない!!美容師がインスタで新規集客する方法!!

  5. 美容師が自己集客したい時に1番最後に大事なのは【安心】【信用】って話。…

  6. 美容師プレイヤー必須!!店ではなく自分に顧客をつける具体的戦略。

  7. 【スタッフの離職率を下げたい】そんな時に有効な美容師の考え方。

  8. 美容師が新規のお客さんに聞くべき事その1

おすすめ記事

  1. bi-alive

  2. bi-alive

  3. bi-alive

  4. bi-alive

  5. bi-alive

  1. bi-alive

  2. bi-alive

  3. 全ての記事一覧

  4. bi-alive

  5. bi-alive

最近の記事 おすすめ記事