フィードバックが美容師を強くする!!

さっさてさて、

皆さんは日々フィードバックされてますか?

【フィードバック】って

まぁばっくり言うと

相手の(成長?改善?)するためにちょっと気まずいけど、相手の成長を願って言いづらい事言っちゃうよー!!

みたいな感じで僕はそぉーいう意味で使ってるんですけど、

【フィードバック】ってされるのめっちゃこわい!!

だって自分は

さも当たり前?

正しい?

正義?

だと思ってなんの罪悪感もなく普通にやってる事を、

ある日突然、客観的視点によって、

肯定も否定もされる。

訳なので(^◇^;)

肯定されたらめちゃ嬉しいけど否定されたらめちゃヘコむ!.

めちゃ傷つく!!

っで!!

脳って自分の価値観と違うモノ?コト?を受け入れる時ってめちゃめちゃ脳の力を使うらしくて、それが嫌だから、自分にとって不利な事態とか事とか言葉とか瞬発的に受け入れられず拒絶してしまう習性があるらしいんですけど(^◇^;)w

確かに否定される事ってめちゃめちゃ精神的体力使いますよね?(^◇^;)

病むし、傷つくし、ヘコむし、うぉーってなるし…

なのですが…

ぼくら美容師って、

そもそも

お客さんに選ばれてナンボ!!

評価されてナンボ!!

手伝ってくれてるスタッフに慕われてナンボ!!

もしくは気持ちよく手伝ってもらえるよーな関係であってナンボ!!

っな仕事なんですよね(^◇^;)

だって指名してくれるお客さんがいないと仕事がないし、

手伝ってくれるスタッフがいないと、何もできない!!

だからぼくは常に、

対お客さんに、

「前回のぼくのカット、カラー、パーマとかとかなんか!!やりづらい事とかなかったですか?」

「なんか僕に言っとく事ないですか?これが不安とか?これはやめてくれとか?」

「なんか不安とか文句とかあったらなんでも遠慮なく言ってくださいね」

これ必ず毎回言ってて…

そして、

対スタッフに

全体ミーティングで出た議題で

自分が当てはまりそうな事があったら

「ごめんなさい!!気をつけます!!」

直接言われなくてもたぶん自分のことだなっておもったら、すぐ謝りますw

そして日々何かイラっとした事があっても、

3分待って、

平常心取り戻して、

客観的視点を取り戻した時に、

素直に受け止めて謝れて、改善する事をできるだけ心がけてます!!

お客さんでもスタッフでも

否定されたり、注意されたり、指摘されたりした時に、

めちゃめちゃ脳と心の体力はそりゃー消費されるんだけど、

瞬発的に拒絶せずに、

素直に受け止める!!

お客さんとかスタッフからのフィードバックにこそ自分の伸び代がある!!

みなさんは素直な人って好きですよね?

仲良くなりますよね?

なぜ好きなのか?なぜ仲良くなれるのか?

この意味を今一度考えてみて下さい!!

そして美容師として、

お客さん目線的に【素直の本質】

これってお客さんの【フィードバックを聞けるか?きづけるか?改善できるか?】

ここなんじゃないでしょうか?

イマイチ、指名が増えない!!お客さんがたまらない方は今一度【自分がフィードバックされるサイクルを作る事】

【フィードバックを、素直に受け止めて改善する事】

お客さんに対してもスタッフに対しても意識してみて下さい^_^

まぁ、もちろん傷つくこともあるし、心の体力は消費されますけどね(^◇^;)

ココを逃げずに改善できるとお客さんが増えます!!

マジで!!

参考にしてみてください♪


売れるための技術!全部教えちゃいます!!

↓↓↓

売れる技術!!

美容師プレイヤー向けおすすめ記事

↓↓↓

これからの時代、美容師として豊かに生きていくのに必要な事。

美容室経営者向けおすすめ記事

↓↓↓

これからの時代、美容室経営者が生き残るために絶対大事な6つの事。

全ての記事一覧

↓↓↓

この時代を生き抜くための美容師攻略メディア【bi-alive】


お悩み相談や質問、集客コンサル、美容師コンサルなどやってます!!

こんな記事書いてくれ〜とかも受付中^_^

気になる方は連絡ください!!

関連記事

  1. 美容師は安請け合いしない方がお客さんの満足度はあがる。

  2. 美容師として売れるには?を1番簡単に解決する方法。

  3. 美容室経営者も美容師プレイヤーも原因自分論で考えないと終わる。

  4. 美容室経営者とプレイヤー美容師の考え方の違い。

  5. 美容師にプライドっている?

  6. 美容師がリピート率を上げるためにやるべき事。

  7. 美容師がブログで新規集客する時に必須の検索順位についての考え方。

  8. セニングバサミを使う派か使わない派かという美容師の思考停止について思う…

おすすめ記事

  1. bi-alive

  2. bi-alive

  3. bi-alive

  4. bi-alive

  5. bi-alive

  1. bi-alive

  2. bi-alive

  3. 全ての記事一覧

  4. bi-alive

  5. bi-alive

最近の記事 おすすめ記事