美容室経営者とプレイヤー美容師の考え方の違い。

さてさて、

皆さんは美容室を経営しているだろうか?

雇われているだろうか?

美容室業界の給与体系もだいぶ変わってきてはいるが、

まだまだ社長以外のマネージメント層の固定給与よりトッププレイヤーの指名歩合給与の方が高いのではないだろうか?

売り上げを上げずに誰よりも給与をもらうには社長になるしかないのではないだろうか?

私自身は、サロンでトッププレイヤーとして働きながら自分の会社の経営もやり、サロンのマネージメントもしてて思う事がある。

お店の売り上げを最大化するのと、

自分の売り上げを最大化するのとで、

どっちがより高い給与をもらえるのか?

美容室業界の場合は圧倒的に自分の売り上げを最大化した方がより高い給与をもらえるばずだ。

ディレクター給や店長給なんかより歩合給の方が圧倒的に高いはずだ。

だったらまず、

プレイヤーとして

自分の売り上げを最大化する事に注力するはずだ。

つまり自分の売り上げを最大化できてないのにマネージメント業務で忙しくなりすぎるのは、

プレイヤーとしてはモヤモヤする。

一方多店舗展開している美容室経営者は、

1人のプレイヤーの売り上げが最大化するのよりも、

全員のプレイヤーが売り上がる事に注力する。

1人のプレイヤーだけ売り上がるという事は、

その1人が退社してしまうと一気にその店の経営が傾くからだ。

だから経営者は1人のプレイヤーだけが強い状態は望んでいない。

それより全員そこそこ売り上がる方がリスク分散になる。

それに全員そこそこ売り上がる仕組みを構築できればさらに多店舗展開できる。

つまり個人の美容師的スキルより、

売れる仕組みづくりに注力する。

どんなレベルの美容師でもそこそこ売り上げられる仕組み作りが美容室経営者が大事にするポイントになる。

個人の美容師的スキルを重視するプレイヤー美容師。

個人の美容師的スキルより誰でも簡単にそこそこ売り上げられる仕組みを重視する美容室経営者。

技術職の職人としての美容師の位置付けか。

企業として会社として経営としての仕組みか。

ここの考え方の違いが両者である事を経営者側もプレイヤー側も知ってるのと知らないのとでは働き方や仕組みづくりが変わっていくのではないだろうか?

参考にしてみてほしい。

*このメディアは【本気で一生美容師で飯を食っていく覚悟のある美容師さん限定のコアな美容師専用メディアです。】一般ウケはねらってませんし、読者は共感いただける方だけで結構です。ご意見は生産的なものに関しては受け付けてますが、ただの個人的マスターベーション的な批判は一切受け付けてません。読んでもらわなくて結構。予めご了承ください。


【依頼受付中セミナー】

下記クリック↓↓↓

その他セミナー内容臨機応変に対応可能!!

セミナーお問い合わせはこちら↓↓↓

bi-alive

関連記事

  1. 一眼レフ?スマホ?美容師の撮影はどっちで撮るべき?違いは何?

  2. 美容師がSNSをやるにあたってまずわかってないといけない初歩。

  3. 美容師の雇われとして幸せに生きていくために大事な考え方。

  4. 美容師の雇われの給料が安い訳がわかればストレスが減る話。

  5. 美容師は疑問力(なぜ?に気づく力)を鍛えると今よりずっと幸せになる。

  6. 美容師として生きてくなら【ズルイ】【平等】【公平】の違いを知るべき。

  7. 美容師がブログやSNSで新規を自己集客するためにまず考えるべき事。

  8. 美容師は一人勝ちしたかったら地域性は無視した方が売れる。