自分が望む上手い美容師と社会に望まれる上手い美容師の差について

さっさてさて4月に入りみなさん美容師ライフいかがお過ごしでしょうか?

今日は4月という事もあり、もう一度原点に帰り、
みなさんがかつては目指してた!?(今もちゃんと目指してる?)

【上手い美容師】

っという捉え方に関して語っていきたいと思います!!

今回は特に郊外における【上手い美容師】っという捉え方について書いていきたいと思います!!

僕が24歳とか25歳の頃はよく夜居酒屋でビール片手に友達に
「いやー俺ってまじちょー上手いなぁ業界でぜってぇー俺がいちばん上手い」っとか熱く本気で語ってる指名売り30万の頃がありました(笑)

今じゃ恐れ多くて言えたものではありませんW

ところで皆さんにとって【上手い美容師】とはなんでしょうか?

憧れの有名美容師の事でしょうか?

尊敬している先輩美容師の事でしょうか?

コンテストで優勝している美容師の事でしょうか?

Instagramでフォローしているフォロワーの多いい美容師の事でしょうか?

僕から言わせると、

そりゃ間違いない!!

疑いようもなく

それは【上手い美容師】でしょう!!

でっここで大事な事があります!!

それはあなたにとってあなたの主観で感じる【上手い美容師】っという事なんですね。

なので皆さんの主観で自由に持ってもらっていい【上手い美容師】なんですね!!
おおいに目指していきましょー頑張りましょー\(^o^)/

実は皆さんに目指して欲しい【上手い美容師】ってもう一個あるんですね^_^

ではこの資本主義経済を採用している日本で、営利団体の美容室で働いてる皆さんに求めてる【上手い美容師】とはなんでしょうか?

あなたの憧れの有名美容師の事でしょうか?
あなたの尊敬している先輩美容師の事でしょうか?
あなたが目指すコンテストで優勝している美容師の事でしょうか?
あなたが好きな美容師インスタグラマーの事でしょうか?

まぁまぁ違います!!

あなたが今担当している、もしくはこれから担当するお客さんにとっての【上手い美容師】なんですね!!

なぜか?
ココにお客さんがお金を払い、そのお金が会社に入り、あなたのお給料になるからです!!

趣味ではなく営利団体で働き仕事として美容師をしているのならばこっちの【上手い美容師】を目指して欲しい。

つまり、

視点が違うんですね!!

あなた視点の【上手い美容師】は社会=会社的にはぶっちゃけどーでもよくて、

お客さん視点での【上手い美容師】

ココがめっちゃ大事!!

お客さんにこの人マジで上手い、いままでの美容師と違うって思ってもらう事。

ココが大事なんですね!!

なのでもしあなたがサロンワークで

あの人って全然上手くないのになんで俺より売れてるんだよまじ意味ワカンねぇー

って思った時があったとしたらその答えはココなんですね!!

サロンワーク、営業ベースで売れる美容師の上手い美容師は
お客さん視点での【上手い】を的確に明確に捉えられる人なんですね^_^

なので僕自身営業中は自分の主観は90パーセントくらい捨ててます!!
僕がイケてると思ってる髪型より
お客さんがなりたいとおもってる=イケてると思っている髪型にする事。

お客さんの主観=視点にこちらが合わせていく事。

これが売れる美容師。

この視点が大事なんですね!!

自分が思う【上手い美容師】

お客さんが思う【上手い美容師】

どっちも大事だけど営業中は

お客さんが思う【上手い美容師】を目指して欲しい訳です^_^

長くなったので今日はここまで!!

次回は

お客さんにとっての【上手い美容師】どーやったらわかるの?

って話を語っていきたいと思います^_^

*このメディアは【本気で一生美容師で飯を食っていく覚悟のある美容師さん限定のコアな美容師専用メディアです。】一般ウケはねらってませんし、読者は共感いただける方だけで結構です。ご意見は生産的なものに関しては受け付けてますが、ただの個人的マスターベーション的な批判は一切受け付けてません。読んでもらわなくて結構。予めご了承ください。


【依頼受付中セミナー】

下記クリック↓↓↓

その他セミナー内容臨機応変に対応可能!!

セミナーお問い合わせはこちら↓↓↓

bi-alive

 

 

関連記事

  1. 美容師の予約枠とビットコインの関係。

  2. 美容師がSNSをやるにあたってまずわかってないといけない初歩。

  3. 美容師がおじさんになると売れなくなる7つの理由。

  4. 美容師は髪の医者という意識を持つと強くなる。

  5. 代替え案を出せないならそこで終了って話。

  6. 美容師が勘違いしている【似合わせる】の本当の意味。

  7. 美容師は都内と郊外(地方)で売れ方が違う理由。

  8. 美容師の提案力の本質について。