これからの時代、美容師で【普通】は致命的って話。

美容師業界では、

毎年美容室の件数が過去最高を更新している。

確実に人口が減っていく日本でこんなに美容室が沢山いるのだろうか?

考える間も無く否だ。

一説には開店1年で60パーセントの美容室が潰れ、開店3年以内に90パーセントの美容室が潰れているとも聞いたことがある。

流石にそれは言い過ぎな気もするがきっとそれに近いものはあるのかもしれない。

競争市場では需要と供給が一致することにより市場価値と取引数量が決まるらしい。

当然の事ながら需要より圧倒的はるかに多いい供給の美容室、美容師の価値はますます下がっていき美容師で生きていくのはますます難しくなるだろう。

そんな美容師業界で生きていくにあたって…

【普通の美容師】である事の危険

に気づいている方は意外にも少ない気がする。

この業界では、

いかにホットペッパーの掲載順位を上げるか…

いかに魅力的な名前のクーポンをつくるか…

いかに魅力的なメニューを打ち出すか…

いかに魅力的なホームページやSNSにするか…

いかに…

いかに…いかに…

なんだか

表層の事ばかり、小手先な事ばかりに膨大な時間をかけている気がする…
新規集客はもちろん大事だ。

だがその魅力的なものに惹かれて実際に来店した先の美容師が…

圧倒的に普通でいいのか?

美容室というサービス業の中で、

仕組みは大事。

サービスの質、技術の質にムラがあっては多店舗展開は上手くいかない。

だが仕組みがしっかりすればするほどに、人はどうだろうか?

品質にムラのない人達の集合になるのではないだろうか?

品質にムラのない美容師達の集合とはつまり、誰に頼んでも大差がないということ。

誰に頼んでも大差ないということは、

誰に頼んでも同じという事だ。

指名歩合制が圧倒的に多いいこの仕事で…

誰にでもできる事はどんどん新しいテクノロジーに代替えされていくこれからの時代で…

他と大差のない【普通の美容師】でいる事の危険…

仕組みは大事。品質にムラのない事も大事。

そして【普通じゃない美容師】である事が大事なのではないだろうか?
圧倒的需要と供給の供給過多の美容室業界は、

どう考えたって競争市場だ。

そんな競争市場で

「普通でいい。」「そこそこでいい。」

そんな美容師は会社にもお客様にもマイナスでしかない。

需要と供給が一致することにより市場価値と取引数量が決まる競争市場で…

需要に対して圧倒的に供給の少ない【普通じゃない美容師】つまり【レアキャラ】になる事。

これが、美容師でこれからの時代を生き抜いていくための大事な考え方ではないだろうか?

参考にしてみて下さい。


お悩み相談や質問、集客コンサル、美容師コンサルなどやってます!!

こんな記事書いてくれ〜とかも受付中^_^

気になる方は連絡ください!!

関連記事

  1. 自分が望む上手い美容師と社会に望まれる上手い美容師の差について

  2. 美容師がSNSをやるにあたってまずわかってないといけない初歩。

  3. フィードバックが美容師を強くする!!

  4. 美容師はネット予約のメニューは一回無視した方がいいって話。

  5. 売れる美容師のカウンセリングの考え方は【傾聴力】って話。

  6. 美容師はわからない。っで終わらせない。わからないを追いかける事が大事。…

  7. まず相手の立場に立つ事。主観は後。

  8. 美容師でリピート率を上げるための考え方!!パーフェクトマニュアル!!