負荷と成功への階段。

さてさて、

皆さんは美容師として階段を上っているだろうか?

階段とは何か?

それは負荷だ。

負荷とは何か?

それは自分がまだできないことへの挑戦だ。

美容師を13年間続けてきて思うことがある。

この負荷の難易度と階段を登るスピードは比例しているという事だ。

自分に対して難易度の高い負荷をかければかけるほど成功への階段をのぼるスピードが速くなる。

だがこの負荷を自分にかける場合は自分の心が耐えられるか相談が必要だ。

自分の心が折れてしまったら、今まで登ってきた階段から落ちてしまう。

美容師からの脱落だ。

なので自分の心が折れない範囲の最大限難易度の高い負荷を自分にかける。

そーすると早いスピードで成功への階段を上っていける。

面白いもので階段を上ってしまうと今まで負荷だったものが何でもない空気になってしまう。

あの時はあんなにしんどかったのに、今はなんにも感じない。

だがそのまま負荷をかけずにその階層で甘んじているといつのまにか階層が下がっている。

どーやらこの階段はゆっくり土台が沈んでいるのだ。だから沈んでいくスピードより早く階段を登りつづけないといけない。

なので負荷が、空気に変わったら

また次の最大難易度の負荷を自分にかける。

その繰り返しをいかに短いスパンで長く続けられるか。

続け続けられるか。

これにより、成功の高さが決まる。

成功とは何か?

人それぞれだと思う!!

このメディアで書く美容師としての成功は

テーマ

【美容師として生きていく。】

だ。

コンセプト

【平均年収284万の美容師で年収720万から3000万を目指すためのメディア。】

つまり成功の高さが高ければ高いほどに3000万に近づく。

だがゴールはお金ではない。

幸せだ。

いかに

心豊かに幸せに美容師として生きていけるか?

そして、

負荷には種類がある。

技術的負荷。

心理的負荷。

時間的負荷。

金銭的負荷。

技術的負荷とは?

美容師は技術職だ。

まだやったことの無い技術。出来ない技術。お客さんの悩みを解決する技術。

こだわればこだわるほどに無限に負荷をかけられる。

心理的負荷とは?

美容師はお客さんの心をいかに自分と共有出来るかがとても大事だ。

心理を理解する力。汲み取る力。気づく力。聞ける力。わかりやすく説明できる力。

リピート率が100%になるまで負荷をかけづづけるべきだ。

時間的負荷。

いかに美容師に時間を投資できるか。

オンとオフを切り替える発想な人と。

生きてる時間の全部が美容師であり全部が自分のプライベートな時間。常にオンでありオフな人と。

どちらが強いか言うまでもない。

金銭的負荷。

ほとんどの美容師は貧乏だ。だがその貧乏な時にいかに自己投資ができるか。自分の知識。技術。経験にお金をかければかけるほど、戻ってくる。それはどんだけ稼げるようになっても同じだ。

常にもっと強い美容師になるための自己投資をし続けられるか?

かければかけるほど戻ってくる。

【美容師として生きていく。】

っというテーマには

美容師にとってこんな厳しい時代でも

時代とか関係なく幸せに生きていけるくらい強い美容師になる。

っという想いがある。

自分も家族も大切にしながら美容師を楽しんで続けていくために一生負荷をかけつづけていけるかが目まぐるしく変わるこれからの時代では大切になってくる。

あなたは自分に負荷をかけているだろうか?

*このメディアは【本気で一生美容師で飯を食っていく覚悟のある美容師さん限定のコアな美容師専用メディアです。】一般ウケはねらってませんし、読者は共感いただける方だけで結構です。ご意見は生産的なものに関しては受け付けてますが、ただの個人的マスターベーション的な批判は一切受け付けてません。読んでもらわなくて結構。予めご了承ください。


【依頼受付中セミナー】

下記クリック↓↓↓

その他セミナー内容臨機応変に対応可能!!

セミナーお問い合わせはこちら↓↓↓

bi-alive

 

関連記事

  1. 実は美容業界はブルーオーシャンだって話。

  2. 美容師として生きてくなら【ズルイ】【平等】【公平】の違いを知るべき。

  3. 美容室経営者とプレイヤー美容師の考え方の違い。

  4. 美容師がおじさんになると売れなくなる7つの理由。

  5. 美容師がInstagramをやるべき本当の理由。

  6. まずはじめに。

  7. 美容師の雇われの給料が安い訳がわかればストレスが減る話。

  8. 美容師がブログやSNSで新規を自己集客するためにまず考えるべき事。