美容師で年収2000万を目指す考え方。

さっさてさて、

このメディアは

【美容師で年収720万から3000万を目指すための考え方!!】

を提供する事がコンセプトであるのだが、

私自身2019年1月の時点では正直まだ年収3000万までは到達していない。

私は法人の経営者なので年収の定義は会社員とは違い曖昧なのだが、

今年の私の目標は年収2000万である。

年収2000万といってもいろんなパターンがあるだろう!!

【1.】プレイヤーのみタイプ

美容師プレイヤーとしての歩合だけでも

歩合率によって差があるが、月の指名売り400万から600万以上のプレイヤーであればいけるだろう。

【2.】プレイヤー+αタイプ

他にもセミナーとか、コンサルタント、

オンラインサロンやYouTube、ブログのアドセンス広告やイチナナなど収益を上げられるツールも今は沢山あるし、

スタイリング剤やシャンプーなどの商品開発とかももちろんありだろう。

プレイヤー歩合+αで年収2000万の方が個人的にはリスク回避になるしプレイヤーのみより時間の自由度が高いと考えている。

【3.】他には王道だが美容室などの複数店舗経営タイプ

美容室や飲食店などを複数店舗の経営者の場合はプレイヤーではなく美容室などの経営で年収2000万の王道な道もあるだろう。

私自身は、【2.】プレイヤー歩合+αタイプなので

プレイヤーで1400万くらい

コンサルやセミナーやweb制作などで400万くらい

残りは資産運用でどこまで2000万にちかづけられるかっといったのが2019年の目標である。

一概に年収2000万といったら、

美容師だと

プレイヤー歩合

もしくは

美容室経営

のどちらか又は混合のみで考えがちだが、

考え方次第でいろんなキャッシュポイントが見つかるはずだ。

いい時代になったと心から思う。

だがここで注意したいのがまずは美容師プレイヤーで特化する事!!

普通の美容師の範囲で+αを育てたところで上手くいかないだろう。

なぜならば

【普通の美容師】の価値は低い。

普通の美容師のセミナーなんて集客は出来ない。

普通の美容師が開発したシャンプーなんて認知されない。

普通の美容師のYouTubeなんて誰も興味がない。

まずは年収1000万くらいまでは美容師プレイヤーとして特化する。

特化したら、そこから柔らかい頭でいろいろ想像して自分のスキルを使った独自のキャッシュポイントを出来るだけ増やしてリスク分散させながら収入を安定させていく!!

固定概念にとらわれない考え方こそがこれから1番大事な武器になるのかもしれない。

まっあくまで私の考えだが、

他にもいろんな道はあるだろうが刺さる事があれば参考にしてほしい。


美容室経営者向けおすすめ記事

↓↓↓

これからの時代、美容室経営者が生き残るために絶対大事な6つの事。


お悩み相談や質問、集客コンサル、美容師コンサルなどやってます!!

こんな記事書いてくれ〜とかも受付中^_^

気になる方は連絡ください!!

関連記事

  1. 美容師スタイリストに待ち受けてる指名人数と壁の関係

  2. 美容師のカットの値段について。

  3. セミナー事例。2018年2月【株式会社NSBコンサルティングOKURA…

  4. 美容室経営者も美容師プレイヤーも原因自分論で考えないと終わる。

  5. これからの時代、美容室経営者が生き残るために絶対大事な6つの事。

  6. 【スタッフの離職率を下げたい】そんな時に有効な美容師の考え方。

  7. 深く刺さる事が出来なければお客さんは増えない。

  8. お客さんとの絆に逃げるな。