美容師として生きてくなら【ズルイ】【平等】【公平】の違いを知るべき。

さっさてさて、

皆さんは平等の意味を知ってるだろうか?

平等を辞書で調べてみると

【かたよりや差別がなく、みな等しいこと。また、そのさま。】

とある。

では美容師の世界ではどうだろうか?

【かたよりや差別がなく、みな等しいこと。また、そのさま。】

これは非常につまらん世界だと私なんかは感じる。

なぜか?

それは選ばれてなんぼの世界が私は楽しいからだ。

美容師業界でも様々な働き方が増えて、

歩合制ではないサロンも増えて来ていると思う。

でもまだまだ指名歩合制のサロンの方が圧倒的に多いい筈だ。

そしてサロン間でもそうだろう。

資本主義の日本で商売をやるならば、サロンの体制はどうあれ、

サロンが生き残っていくには

常にお客さんに選ばれるサロンでなければ生き残れない。

そんな選ばれないと生きていけない世界で生きている私にとっては

【かたよりや差別がなく、みな等しいこと。また、そのさま。】

これではまず選ばれない。

指名されない。

そんな世界でかれこれ10年以上生きている。

選ばれる為にここまでやってきた。

選ばれる為に練習し

選ばれる為に勉強し

選ばれる為にトライし

選ばれる為に膨大な失敗と成功をくりかえしながら膨大な時間と努力を惜しみなく美容師という仕事に費やしてきた。そしていまだにそれを続けている。

そして今、

沢山のお客さんに恵まれた。

人より沢山の収入もある。

そして自分の時間もしっかり確保している。

そして、人より自由にストレス少なく働いている。

そんな私は、時に

【ズルイ】【不平等だ】と言われる事がある。

きっとこの【ズルイ】には

お客さんが沢山いてずるい。

沢山稼いでいてずるい。

自分らしく自由に働いていてずるい。

という事なんだと思う。

コレは非常に面白い。

なぜか?

【ズルイ】は視点が変われば180度変わる。

私からしたら

頑張りが足りない。トライしてない。リスクを背負ってない結果を出してない美容師と

めちゃめちゃリスク背負ってトライしながら頑張って結果を出してる美容師と

平等であるならば

【かたよりや差別がなく、みな等しいこと。また、そのさま。】

それはめちゃめちゃ不平等だし

それこそ【ズルイ】っと感じるからだ。

つまり【ズルイ】っという気持ちは自分よがりの自分視点であるものが多いい。

では、【公平】ではどうだろうか?

【平等】【公平】は同じようで明確に違う、

【平等】は例えば

3歳児と100キロ越えのプロレスラー

目の前に1キロのステーキがある。

コレを

3歳児500グラム

プロレスラー500グラム

で分け合うこと。

思考停止的に皆同じであるのが平等。

【公平】は例えば

3歳児と100キロ越えのプロレスラー

目の前に1キロのステーキがある。

コレを

150グラムを3歳児

850グラムをプロレスラー

で分け合うという事。

この時の2人の満足感が

同じであれば

公平である。

つまり

頑張っても頑張らなくても同じがいいなら

【平等】

頑張ったら頑張っただけ評価されたいなら

【公平】

指名歩合制というシステム=ざっくりだが【公平】のバランスで成り立つもの。

完全固定給=ざっくり【平等】のバランスで成り立つもの。

平等を求めるなら、

指名歩合制ではなく、

完全固定給の美容室で働くべきだし、

公平を求めるなら、

完全固定給ではなく、

指名歩合制の美容室で、働くべきだ。

平等を望むのか?公平を望むのか?

あなたの気持ちは平等?公平?

美容師業界で働く場所なんていくらでもある今の時代であなたのスタンスは今のサロンであってるのか?

【ズルイ】とかいう自分よがりの気持ちで人に皮肉や妬む気持ちを向ける前に自分の戦う場所を今一度考えてみたらどうだろうか?

参考にしてほしい。

*このメディアは【本気で一生美容師で飯を食っていく覚悟のある美容師さん限定のコアな美容師専用メディアです。】一般ウケはねらってませんし、読者は共感いただける方だけで結構です。ご意見は生産的なものに関しては受け付けてますが、ただの個人的マスターベーション的な批判は一切受け付けてません。読んでもらわなくて結構。予めご了承ください。


【依頼受付中セミナー】

下記クリック↓↓↓

その他セミナー内容臨機応変に対応可能!!

セミナーお問い合わせはこちら↓↓↓

bi-alive

関連記事

  1. アシスタントのうちから知っとくとデビュー後すぐ売れる考え方。

  2. 美容師の予約枠とビットコインの関係。

  3. 努力してるだけで満足してない?結果の出る努力と自己満の努力。

  4. 生き残るのは2つ。超強い個人になるか。超強い会社にいるか。

  5. 美容師の提案力の本質について。

  6. 売れるために大事なのは、感謝出来る事。ヘコむ事。自分を疑う事。

  7. お客さんとの絆に逃げるな。

  8. 美容師は髪の医者という意識を持つと強くなる。