美容師は疑問力(なぜ?に気づく力)を鍛えると今よりずっと幸せになる。

さっさてさて、

美容師をやっていてみなさんには疑問に思うことはあるだろうか?

私はよくある?

そしてこの疑問に思う力こそ、

美容師として最速で成長し、売り上げをあげ、最速で幸せになる秘訣なのではないかと思う。

では疑問に思う力とはどういう事なのか?

それは美容師をやっていて日常に溢れる

【なぜ?】

にどれだけ思考停止せず気づけるかという事。

私達は日々暮らしていく中で本当はよくわからないけど、心の中で【興味もないしまっいっか!!】と受け流してる事が沢山あるのではないか?

例えば、

なぜ飛行機は空を飛べるのか?

とか

空の色はなぜ青いのか?

とか

なぜ季節があるのか?

そこを飛んでいる虫はどういう虫なのか?

とか

興味もないしどーでもいい事については

思考停止させてそれ以上考えもしないし、わからないまま受け流して気にもとめない事が沢山あるとおもう。

私もそうだしそれでいいと思う。

そんな事をいちいち気にしてたら

すげー疲れてしまうのではないか?

だから思考停止させる。

だが、

あなたが職業にしている

美容師という仕事まわりについては、

思考停止させてる場合ではない!!

思考停止させながら脳みそ使わないで美容師をしていても確実に成長しない!!

技術も上手くならないし、売り上げも上がらないだろう。

そんな思考停止状態の美容師歴を積み重ねても

一生

美容師の平均年収280万前後、

月6休み

1日10時間以上拘束

そんな美容師人生でおしまいだろう。

そんなふつうの美容師人生から抜け出すには、

疑問に思う力=なぜ?に気づく力

コレを鍛える必要がある。

では鍛えるとはどういう事なのか?

超簡単だ。

それは

自分が美容師をやっていて起こる全ての事の頭に

【なぜ?】をつける事だ。

例えばお客さんに対して…

・なぜキョロキョロしてるのか?

・なぜ髪を軽くしたいのか?

・なぜ伸ばしてるのか?

・なぜボブにしたいのか?

・なぜこのお店に来たのか?

・なぜ自分のお客さんになってくれたのか?

・なぜこの前髪にしたいのか?

全ての事に【なぜ?】をつけてみる。

そして実際に聞いてみたりその事について深く考えてみる。

そうすると自ずと今までより深くお客さんの気持ちがわかるようになる。

例えば技術について…

・なぜパーマがかからないのか?

・なぜこんなにパーマがかかったのか?

・なぜこんなスタイリングでできるのか?

・なぜこう切るのか?

・なぜこんなカラーの出方がするのか?

・なぜまとまるのか?

・なぜまとまらないのか?

全ての事に【なぜ?】をつけて深く考えてみる。

そして改善するための仮説をたててもう一度やってみる。

今までは髪質や剤のせいにして終わらせていた事に、もっと新たな技術的な気づきがあるかもしれない。

例えば働く環境について…

・なぜこんな給料なのか?

・なぜこの営業時間なのか?

・なぜ休みがこれだけなのか?

・なぜ営業後に雑務をしないといけないのか?

・なぜスタッフがどんどんやめてしまうのか?

・なぜ生産性が上がらないのか?

全ての事に【なぜ?】をつけて深く考えてみる。

そして自分なりの答えを出してみる。

今までだと居酒屋で、愚痴を言って酒の肴にしてたただのネタがもっと経営者サイドの立場にたって客観的な視野が広がり改善策がひらめくかもしれない。

いかがだろうか?

全ての事に【なぜ?】

をつけるだけで

思考停止していた脳みそが、フル回転になり、

自分ごととして考えるようになる。

そうすると、

様々な気づきが生まれ、改善策がひらめき、成長するスピードが早まり、売り上げが上がり、幸せになれる可能性が高くなるのではないか?

参考にしてほしい。

*このメディアは【本気で一生美容師で飯を食っていく覚悟のある美容師さん限定のコアな美容師専用メディアです。】一般ウケはねらってませんし、読者は共感いただける方だけで結構です。ご意見は生産的なものに関しては受け付けてますが、ただの個人的マスターベーション的な批判は一切受け付けてません。読んでもらわなくて結構。予めご了承ください。


【依頼受付中セミナー】

下記クリック↓↓↓

その他セミナー内容臨機応変に対応可能!!

セミナーお問い合わせはこちら↓↓↓

bi-alive

関連記事

  1. ホットペッパーなし。新規クーポンなし。お店からのフリー客もゼロな時に見…

  2. 美容師として売れる為の大枠5つのこと。

  3. 負荷と成功への階段。

  4. 美容師がSNSをやるにあたってまずわかってないといけない初歩。

  5. 美容師は自分の中の【普通】を一回捨てるべき。

  6. 美容師は一人勝ちしたかったら地域性は無視した方が売れる。

  7. 美容師がブログやSNSで自己集客したいならまず知ってもらう事が第一とい…

  8. 美容師がブログやSNSで新規を自己集客するためにまず考えるべき事。