美容師は自分の中の【普通】を一回捨てるべき。

さっさてさて、

みなさんは【普通】についてどう考えているだろうか?

美容師をやっていて感じるのは、

美容師は自分の中の【普通】を人に押しつけすぎなのではないだろうか?

ということ。

それはスタッフにもそうだし、

お客さんにもそうだと感じる。

まず断言しておくと自分の中の【普通】を一方的に人に押し付ける美容師は売れない。

スタッフにも好かれない。

なぜなら、

自分の中の【普通】は自分の中だけの【普通】であり、

他人から見たら【普通】ではないからだ。

なので私の【普通】はあなたから見たら【異質】な事が多々あるという事だ。

その事を意外にも知らない美容師が多いい気がする。

例えばスタッフに対して、

自分の【普通】を軸に一方的に押し付けると、

相手から

えっ!?!?!?

っとなる。

それは何故か?

説明がないからだ。

自分の中の【普通】をスタッフに押し付ける時にそれが【普通】だと勘違いしていると、

圧倒的に説明をハショる事になる。

その説明不足がのちにトラブルの元になる。

例えば、

アシスタントへの技術の引き継ぎ。

「カラーワンタッチで」

この時にたったこれだけの指示で理解出来るのは、長年連れ添ってるアシスタントだけだ。

コレを【普通】だと勘違いしていると慣れないアシスタントからしたら?

「根元から?1センチあける?もう塗っちゃっていいの?」

等々、

頭の中が!?だらけになる。

そこで、こうなる!!

たいてい自分の指示とは異なる事をしているっとなり…

「普通ワンタッチって言ったらこうでしょ!!」

そしてアシスタントの不振がつのる

「聞いてねぇし、しらねぇし。」

っと。

例えば

それがお客さんにだったら…

例えばお客さんが

「普通に下ろす感じで前髪作る感じでお願いします。」

ここで美容師が自分の中の【普通】に下ろす感じで前髪をつくる。

するとこうなる…

「思ってたのと違う…普通に前髪切ってって言っただけなのに…」

コレもお客さん側の【普通】と美容師側の【普通】のギャップからよくサロンワークで起こる事。

この場合はお客さん側に否はなく美容師側が自分の【普通】を押しつけた前髪カットをしてしまうことによるお客さんの不満足につながる事例だ。

このように美容師は自分の中の【普通】を押し通す限り、

お客さんにもスタッフにも支持されない。

そこに足りないのは、

圧倒的客観的視点だ。

相手の立場に立って思いやる心。気づく心。察する心。

この心が無い美容師は絶対に売れない。

売れてたとしても今だけだろう。

それだけは間違いない。

あなたの中の【普通】

押し付けてないだろうか?

参考にして欲しい。

 

*このメディアは【本気で一生美容師で飯を食っていく覚悟のある美容師さん限定のコアな美容師専用メディアです。】一般ウケはねらってませんし、読者は共感いただける方だけで結構です。ご意見は生産的なものに関しては受け付けてますが、ただの個人的マスターベーション的な批判は一切受け付けてません。読んでもらわなくて結構。予めご了承ください。


【依頼受付中セミナー】

下記クリック↓↓↓

その他セミナー内容臨機応変に対応可能!!

セミナーお問い合わせはこちら↓↓↓

bi-alive

 

 

 

関連記事

  1. 売れる美容師と売れない美容師の接客についての考え方。

  2. 美容師は疑問力(なぜ?に気づく力)を鍛えると今よりずっと幸せになる。

  3. 美容師は都内と郊外(地方)で売れ方が違う理由。

  4. 美容室を開業して1年以内に60%が潰れるという事に関して。

  5. 代替え案を出せないならそこで終了って話。

  6. 深く刺さる事が出来なければお客さんは増えない。

  7. 美容師の提案力の本質について。

  8. 可愛い子は誰が切っても可愛くなるので0点って話。