深く刺さる事が出来なければお客さんは増えない。

さてさて、

皆さんは美容師として前年比何パーくらいで売り上げを上げているだろうか?

私はだいたい130%くらいで推移している。

そうするとすぐに箱(席数)的キャパと人(アシスタント人数)的キャパオーバーになる事になる。

そこで箱をデカくしてもいいし、アシスタントを増やしてもいい。

それが普通だ。

だが、それだと固定費が増えて、

働く時間が増えて、使う体力が増えて、コストも増えて、利益率はそこまで変わらないみたいな事になる。

なので、

私の場合は

箱も人も変えず働く時間を減らしながら利益率を極限まで上げて売り上げを伸ばし続ける。

そして浮いた時間で新しい技術や知識、自分の武器を育てる。

つまりもっとレベルの高い美容師になるために時間を極限まで自己投資する。

話がそれた。

みなさんは去年と比べて売り上げは上がっているだろうか?

お客さんは増えているだろうか?

増えてない場合。

あまり増えてない場合。

減っている場合。

その理由は様々あるだろう…

アシスタントが辞めてしまった。

新規に入客してない。

リピート率が低い。

いろいろあると思う。

思い当たる理由を全部紙に書き出すのをお勧めする。

そして、

知るべきだ。

この日本には、

アシスタントを使わず月に300万以上やる美容師がいるという事。

新規クーポンなしで新規が月に100人以上来る美容師がいる事。

新規は紹介しか受け付けてないのにお客さんが増え続けている美容師がいるという事。

月に15日しか働かないのに売り上げを上げつづけている美容師がいるという事。

リピート率が100%の美容師がいるという事。

3ヶ月先まで予約が埋まってる美容師がいるという事。

カットが3万の美容師がいるという事。

それらを知った時に…

あなたが紙に書き出した理由は全て言い訳でしかない事を知る。

単純に…

美容師としてのあなたがお客さんに深く刺さっていないだけ。

どこにでもいる、ただの普通の美容師。

他に変わりは沢山いる、いくらでも代替えのきく美容師。

という事だけである。

言い訳を考えてる暇があったら、

もっとお客さんの深くに刺さる、

代替えの効かない美容師になれるよう考えるべきだ。

自分には何がたりないのか…

撮影ばっかしてないで、

SNSばっかやってないで、

仕組みばっか考えてないで、

美容師として、今、目の前のお客さんにとって大事な存在になる事に集中するべきだ。

集中して集中して集中して、

その後それらを考えるべきだ。

参考にして欲しい。


 

*このメディアは【本気で一生美容師で飯を食っていく覚悟のある美容師さん限定のコアな美容師専用メディアです。】一般ウケはねらってませんし、読者は共感いただける方だけで結構です。ご意見は生産的なものに関しては受け付けてますが、ただの個人的マスターベーション的な批判は一切受け付けてません。読んでもらわなくて結構。予めご了承ください。


【依頼受付中セミナー】

下記クリック↓↓↓

その他セミナー内容臨機応変に対応可能!!

セミナーお問い合わせはこちら↓↓↓

bi-alive

 

 

 

関連記事

  1. 美容師は都内と郊外(地方)で売れ方が違う理由。

  2. 肩書きなんて無意味!!バックアッププランがないなら売り上げから逃げては…

  3. お客さんとの絆に逃げるな。

  4. 美容師が勘違いしている【似合わせる】の本当の意味。

  5. 美容室を開業して1年以内に60%が潰れるという事に関して。

  6. そのあなたの売り上げ自力?店の力?どこに行っても売り上がれる力がないと…

  7. 美容師との相性が合うとか合わないとかの【相性】について。

  8. 一眼レフ?スマホ?美容師の撮影はどっちで撮るべき?違いは何?