美容師として売れる為の大枠5つのこと。

美容師で年収720万から3000万を目指す!!
美容師攻略メディアbi-alive。

 

というのがこのメディアのキャッチフレーズですが…

平均年収284万のこの世界で、

まずは年収720万から1000万までを目指した時に、

サロンワークで指名売り上げをどこまで挙げられるかというところがまず第1であり、この仕事の一番核になる部分なんだと思うんです。

なぜ指名売り上げかというと、

売り上げは

フリー客+指名客の総売り上げ

であるのに対して

指名売り上げは

指名客のみの売り上げ

な訳ですが、

断然指名にこだわった方がいい。

それはなぜかというと…

別に貴方じゃなくてもいいというお客様は

はっきり言って貴方の売り上げではないから。

独立したらもちろんついてきてくれないでしょうし、貴方が休みなら他の人が担当するだけ。

たまたま貴方が担当しただけであって別に他の誰でもいい。

給料にも反映されづらいでしょう。

1番は貴方の限られた営業時間の枠を奪われる事。

自分の限られた営業時間の枠の全ては…

「貴方じゃないとダメなんです。」

っという指名のお客様でどれだけ埋められるかにこだわった方がいい!!

いやっ絶対にこだわらないとダメです!!

話はそれましたが…

美容師として売れる為のまずはじめは…

全てはまずサロンワークで

どこまで活躍できるか=指名で売れる美容師になれるか
になってくると思います。

サロンワークの指名売り上げで年収720万から1000万を目指すためにはつまり

あなたの年間の指名売り上げが

2400万から4200万

それはつまり

貴方の月の指名売り上げが大体、

200万から350万くらい必要であるということ。

月の指名売り上げ、

200万〜350万売り上げられる美容師って…

日本でどれくらいいるのでしょうか?

日本の美容師約50万人中の0.5%以下くらいなのではないでしょうか?
ではそれは凄く難しくて不可能な事なのでしょうか?

それは全然違います。

頑張ればいけます。

ってレベルです。
ここでまずは1番大枠から話していきたいと思います。


月の指名売り上げ200万から350万くらいがだいたい年収720万から1000万(サロンによって違うとは思いますが…。)

くらいな話はしたと思いますが、

そこで大事になってくる1番大枠が…..

 

1.新規指名集客

集客は会社として大事な発想。

個人としては新規指名集客が大事な発想。

年収にこだわるなら断然新規指名集客という発想でしょう。

ここで大事になってくるのが…

新規指名を呼ぶという事で1番大事な事は…

最近ではインスタだブログだなんだーかんだーと言われていて、もちろん大事なのですが…

その前に!!

お客様のニーズに気づく力。

お客様がどんな美容室を探しているのか、

どんな美容師を探しているのか。

それを考えないでインスタやブログをやっていても時間の無駄です。

新規集客で大事な事は沢山ありますが先ずは…

お客様のニーズに気づく力。

2.新規再来率

どんなに新規指名を集客しても再来させる力が無ければお客様は溜まっていきません。

一生新規集客できるのなら話は別ですが、新規集客のトレンドは時代と共にどんどん変わっていきます。

一生新規集客し続けるのはとっても難しいし大変な事。

それにやっぱり常連のお客様が増えて溜まっていき、新規集客に依存しない生き方の方が美容師として楽しいしやりがいがあるのではないでしょうか?

そーんな新規のお客様を再来させる考え方で大事になってくるのが、

  • お客様のニーズを的確に汲み取る力。
  • お客様のニーズを正確に聞き取る力。
  • お客様のニーズを正確に理解する力。

そして

その聞いて、汲み取って理解したニーズをリアルに落とし込むためのプランを

  • お客様に提示する力。
  • お客様に説明する力。

そしてそのお客様のニーズを叶える

  • 術。

 

この3つ。
コレが出来なくて新規再来率を上げる事は不可能でしょう。
そして

 

3.既存再来率。

 

新規のお客様を集客してそのお客様が2回目来店してくれたら後は…

いかに一生通ってもらえるかという事が大事になってきます。

引っ越したから来れない。

子供が生まれたから来れない。

お店が変わったから来れない。

値段が上がったから来れない。

もちろんあるでしょう。

でも、

それでも通ってもらえる。

それほどそのお客様にとってあなたがこの世界で唯一の美容師になれるかどうか…

そこで大事になってくるのが

あなたにしか出来ない事。

この出来ない事の

事=コト

の中はお客様によって様々。

技術。カウンセリング。空気。雰囲気。アフターフォロー。などなど、

大事なのはお客様ひとりひとりにオーダーメイドに、

世界であなたにしか

出来ない事。

を、どれだけ沢山のお客様に提供できるかが大事になってきます。

 

4.時間単価

月に200万から350万級のスタイリストになると、

予約も少しずつタイトになってくるでしょう。

そこで大事になってくる考え方が、

時間単価っという考え方です。

1人当たりの単価が高い低いというのは正直どーでもいいです。

大事なのは1時間にいくら稼げるかという事。

1時間に6000円のカットを1人しかできない美容師さんと1人1000円だけど10分でカットできる美容師さんなら1時間当たりの生産性は同じって事。

客単価が高くても時間がかかってしまったら売り上げられないし、

スピードが早くても客単価が安ければ売り上げは上がらない。

つまり1人当たりの客単価にこだわることに意味はなく、

1時間あたりの単価にこだわるべきってことなんです。

しかもコレからの時代はアシスタントの減少と美容師不足の問題がどんどん深刻化する時代。

出来るだけアシスタントを使わないで時間あたりの単価を上げる事が大事になります。

5.時間あたりの生産性

最後に時間あたりの生産性という考え方。
先ほど時間単価にこだわるべきという話をしましたがもっと言えば

時間あたりの生産性にこだわるべきなんです。

時間は限られています。

限られた時間の中で売り上げを永続的に上げていくためには、

今来てくれているお客様だけで忙しくなりすぎるのは良くありません。

それはなぜかというと、

未来に来てくれるお客様のための時間=新規集客に当てるための時間

をできれば営業時間中に確保しなければならないからです。

もちろん営業時間外や休みの日にやればいいかもしれません。

賛否両論あるかとは思いますが、

営業時間外や休みの日を削ってやっていくやり方は生産性が悪いです。

今日本が抱えているブラック企業問題と同じです。

毎朝早くから遅くまで働いて、休みも少なくて給料が安い。

コレが美容師の平均年収が低い理由の一つです。

営業時間中に全てやる。

この考え方が時間あたりの生産性です。

 

今日はかなり大枠の話をざっくりしていきましたがこれからちょっとずつ細かく書いて行こうと思います。

参考にしてみて下さい。


このメディアを始めて読む方はこちら↓↓↓

まずはじめに…。

セミナー依頼LINE↓↓↓bi-alive過去のセミナー事例はこちら♪

セミナーや新規集客のお知らせはこちら↓↓↓

bi-alive

関連記事

  1. 美容師は髪の医者という意識を持つと強くなる。

  2. 美容師がおじさんになると売れなくなる7つの理由。

  3. 実は美容業界はブルーオーシャンだって話。

  4. 店販もメニューも売り込もうとする時点で売れないよって話。

  5. 美容師は営業中に上手くなれ。

  6. 美容師のカットの値段について。

  7. 美容師がリピート率を上げるためにやるべき事。

  8. 美容師が勘違いしている【似合わせる】の本当の意味。