美容師の雇われとして幸せに生きていくために大事な考え方。

さっさてさて、

皆さんは美容師の雇われだろうか?

私は自分で会社を起業してるので雇われではない。

だが長年雇われだった経験と自分が法人の社長になってみて雇う側と雇われる側の2つを知って、よりこの世界の見渡しが良くなったので、

今日は

美容師の雇われとして幸せに生きていくための考え方を経営者目線で書いていきたいと思う。

もちろん持論だ、いろんな考え方があっていいと思う。

まず今この記事を読んでいる皆さんはほぼほぼ100%日本に住んでいると思う。

今皆さんが住んでいるこの日本やそれ以外の多くの国が、

資本主義経済を採用している。

資本主義とは

生産手段の私的所有および経済的な利潤追求行為を基礎とした経済体系である。

とある。

わかりやすく言うと、

【頭つかってお金を稼いでいい。】

っていう経済だ。←簡単すぎ!?(笑)

自社の利益を追求していい!!

つまり、

美容師であれば、

お客さんをめっちゃ増やして大金持ちになっていいと言うことだ。

そして雇われ美容師であれば

あなたがお客さんの髪型を作って得たお金をピンハネしたものが会社の利益になる。

これだけ聞いてると会社がなんだか悪者だが、そんなことはない。

シャンプーもできない新人から何年もかけてカットカラーパーマを上手にできるように育てるのも会社だし、社会保障費を半分負担するのも会社だし、売れっ子になるまでホットペッパーに高いお金を払って集客して沢山の新規のお客さんに入客させて育てるのも会社の役目でもある。

働きやすいようにお洒落な内装、イケてるシャンプー代を揃えるのも会社。

そのお礼として売り上げを会社がピンハネする。

つまり雇われてる方は例えば

・お金が欲しい

・時間が欲しい

・売れたい

・上手になりたい

・お洒落なお店で働きたい

・安定した生活を送りたい

であるならば会社にバックアップしてもらいながらあなたは成長していく。

そしてあなたが成長して売れっ子になっていくことが会社の利益になり財産になる。

つまりあなたがやりたい事。なりたいもの。欲しい事。欲しいもの。

会社があなたに望んでいる事。(売り上げ、教育、マネージメント、求人、集客など)

この2つの接地面では互いにWinWinな関係なので雇われでも自分のやりたい事に会社が全力で融通を効かせてくれる。

つまりこう言うことだ。

自分が望んでいる事と会社が望んでいる事この重なりあうゾーンではあなたは限りなく自由にストレスなく働けると言う事だ。

では働いていてストレスを感じる状態とはどう言う時なのか?

それはこう言う事だろう。

会社が望んでいる事に自分が全て奪われている状態!!

今すぐ退社した方がいい。

逆にこの状態はどうだろう?

自分のやりたいことの中に会社がある。

これは起業した社長だけの特権だろう。

ではこの状態はどうだろうか?

自分が望んでいる事と会社が望んでいる事とほぼ同じ場合。

これはかなり楽しく自由に働けているのではないか?

つまりこの自分の望みと会社の望みの接地面が広ければ広いほど雇われでも幸せに自由に働いていけるということだ。

だがここでは大事な事が抜けている。

結果だ。

自分が望んでいる事と会社が望んでいる事が同じでも結果がでなければ意味がない。

結果とは何か?

会社にとっては利益!!

会社が利益を出すために必要なこと。

それは社会が望んでいる事だ。

美容師の場合はお客さんの事だ。

つまり自分が望んでいる事と会社が望んでいる事そして、お客さんが望んでいる事が一致している接地面が会社にとっても利益になり、あなたが楽しく自由に幸せに働けるゾーンなのだ。

資本主義経済は【頭使って稼いでいい】という経済だと超簡単に説明したが、つまり稼げる人は稼げるし、稼げない人は稼げない。

自分次第という経済だ。

美容師で言えば自分という市場価値を会社やお客さんが決める。

会社の望みを叶えられなければ給料は上がらないし働く時間の自由度も低い。

お客さんの望みを叶えられなければ、自分のカット価格が1000円でもお客さんは増えないし、売り上げが上がらないと働く時間を増やさなければならない。

自分の市場価値は、

自分と会社の【働きたい】と【働いて欲しい】の需要と供給のバランスで決まるし。

自分とお客さんの【カットさせて欲しい】と【カットして欲しい】の需要と供給で決まる。

つまり雇われ美容師であるならば、

会社にとってもめっちゃ大事な存在(=利益につながる】であり沢山のお客さんにとってもめっちゃ大事な存在【この人じゃないとダメ】になる。

自分の望みと会社の望み、そしてお客さんの望みこの3つの接地面が広いゾーンを狙って自分で頭使って考えて、戦略と技術を磨くべきだ。

そうすれば雇われ美容師でもストレス少なく自分がやりたい事をやりながら自由度高く働いていける。

参考にして欲しい。

*このメディアは【本気で一生美容師で飯を食っていく覚悟のある美容師さん限定のコアな美容師専用メディアです。】一般ウケはねらってませんし、読者は共感いただける方だけで結構です。ご意見は生産的なものに関しては受け付けてますが、ただの個人的マスターベーション的な批判は一切受け付けてません。読んでもらわなくて結構。予めご了承ください。


【依頼受付中セミナー】

下記クリック↓↓↓

その他セミナー内容臨機応変に対応可能!!

セミナーお問い合わせはこちら↓↓↓

bi-alive

関連記事

  1. 努力の方向が間違っている人は売れないよって話。

  2. 髪質とか骨格のせいにしてる美容師は売れない。

  3. 売れる美容師と売れない美容師の接客についての考え方。

  4. 深く刺さる事が出来なければお客さんは増えない。

  5. 美容師として失敗しないように生きてるという事は成功しないように生きてる…

  6. 美容師は自己欺瞞という病に侵されると終わる。

  7. 美容師がブログやSNSで新規を自己集客するためにまず考えるべき事。

  8. 美容室を開業して1年以内に60%が潰れるという事に関して。