生き残るのは2つ。超強い個人になるか。超強い会社にいるか。

さてさて

数ある美容師、美容室系のコンサル系メディアの中でも、このメディアはどちらかというと美容室より美容師個人を強くするメディアにカテゴライズされる。

これからの美容室業界は確実に淘汰が進み、

超強い個人か超強い会社しか生き残れなくなる。

普通の美容師と普通の美容室がじわじわと潰れ淘汰されていく。都市部からじわじわと。。。

そんな話を今日はしておこうと思う。

2017点の美容業が倒産件数過去最多という記事を以前にも書いたが、

大きくざっくり今の美容室の分類を分けると。

ブランド型サロン。

ブランド思考型サロン。(街にあるちょっとおしゃれな普通のサロン)

ファストブランド型サロン。(半業務委託型)

単純ファスト型サロン。(完全業務委託)

この4つをざっくり大きくカテゴライズしたとして。
ブランドサロンは、表山道や青山、銀座など都市部や地方都市に昔からあり、昔からブランド力が強く。クーポンに依存せず、現在もなおそのブランド価値を保っている高価格帯サロン。

ブランド思考型サロンはカットカラーで1万円超えるくらいのふつうのサロン。

ファストブランド型サロンは、経営のプロによる経営戦略のもとスタッフもしっかり体系化したトレンドスタイルに特化した低価格サロン。

単純ファスト型サロンは、全国に急激に増大しあっという間にシェアを独占したちょっと大きな街に絶対あるカットカラー5000円以内くらいのホットペッパーで上の方に出てくる激安サロン。

この4つを大きくカテゴライズした中で今主に潰れている。もしくは減少してるのが、

ブランド型サロン。

ブランド思考型サロンだ。

ブランド型サロンはそのブランドとしての価値を保ててるサロンはあるがその数は年々減少している。

ブランド思考型サロンとされている普通のサロンは今、

単純ファスト型サロンにおされ続々と潰れている。

この主な2つが昨年の過去最多倒産件数の主だ。

なかでもブランド思考型サロンの倒産件数がどんどん増えている。

なぜか?

それは、

ブランド思考型サロンと単純ファスト型サロンの力の差が年々近ずいているからだ。

昔であればアシスタントが常にいるブランド思考型サロン。

アシスタントがいない単純ファスト型サロン。

仮に技術レベルに差がなくとも、アシスタントがいて時間がかけられるブランド思考型サロンに優位性があった。

だが今はアシスタントが減少し、

ブランド思考型サロンもアシスタントが少なくなり今までみたいに一人一人に時間がかけられなくなっていき、一人で何人もかけ持てなくなっていく中で、少しずつレベルの上がっている単純ファスト型サロンとの差が、アシスタントのいるいないの有意差もなくなり、どんどん差がなくなっていく。

昔なら完全に粗悪だった単純ファスト型サロンが、少しずつクオリティを上げ、

ブランド思考型サロンのクオリティが変わらない。

人材不足が重なり。

あげく美容室業界に使うお金が年々減少してるなかで、

ブランド思考型サロンの価格価値が下がり、

単純ファスト型サロンの価格価値が一般化してきているからだ。

つまり

過当競争で価格価値が下がっている美容室業界で

昔で言う普通のサロンが今では少し高い感じに捕らえられ、
昔で言えば激安だと思われていたら単純ファスト型サロンの価格が普通によってきているのだ。

 

この日本に圧倒的に多いいごく普通のブランド思考型サロンがこれから単純ファスト型サロンとファストブランド型サロンに淘汰されていく


なぜブランド思考型サロンが淘汰されるかというと。

普通だからだ。

なので、自ずとこれからは

美容師としての生きていくには、

普通じゃない個人になるか。

普通じゃない会社で働くか。

になる。

普通じゃない個人とは

店や組織に囚われず自力で技術や戦略、ブランド力などを特化させ売上を上げていける人。

普通じゃない会社とは、

 

経営戦略が特化しているサロン。

美容師個人ではなく、会社としての仕組み(経営戦略)で売り上がるサロン。

単純ファスト型サロンはブランド思考型サロンがある程度淘汰された後に、単純ファスト型サロン同士の過当競争で落ちていくはず…。

その時に

4つのカテゴライズの比率が今とはどんどん入れ替わっていく。

ブランド型ファストサロン

単純ファスト型サロン

ブランド型サロン

ブランド思考型サロン

普通が脱落していくこれからの時代に、

 

美容師として普通に生きていくには

超強い個人になるか。

超強い経営戦略がある会社にいるか。

答えは2つになる。

あなたはどっち?

参考にしてみてほしい。

 

*このメディアは【一生美容師で飯を食っていく覚悟のある美容師さん限定のコアな美容師専用メディアです。】一般ウケはねらってませんし、読者は共感いただける方だけで結構です。ご意見は生産的なものに関しては受け付けてますが、ただの個人的マスターベーション的な批判は一切受け付けてません。読んでもらわなくて結構。予めご了承ください。


bi-aliveとは?

まずはじめに…。

セミナー依頼はこちら↓↓↓bi-alive過去のセミナー事例はこちら♪

各種セミナーのお知らせはこちら

↓↓↓

【期間限定受付中セミナー↓↓↓】

随時開催。最小人数1人からのプライベートセミナー。

【依頼受付中セミナー】

下記クリック↓↓↓

 

その他セミナー内容臨機応変に対応可能!!

セミナーお問い合わせはこちら↓↓↓bi-alive

関連記事

  1. 努力してるだけで満足してない?結果の出る努力と自己満の努力。

  2. 美容師は都内と郊外(地方)で売れ方が違う理由。

  3. 美容師は一人勝ちしたかったら地域性は無視した方が売れる。

  4. セミナー事例。2018年2月【株式会社NSBコンサルティングOKURA…

  5. セニングバサミを使う派か使わない派かという美容師の思考停止について思う…

  6. そのあなたの売り上げ自力?店の力?どこに行っても売り上がれる力がないと…

  7. デザインなのかお悩み解決なのかでお客さんへのアプローチは違う。

  8. 美容師は自己欺瞞という病に侵されると終わる。