辞めたいスタッフは辞めさせる!!美容室経営者が知るべき離職連鎖の法則!!

さっさてさて

みなさんのお店の離職率はどんな感じでしょうか?

美容室経営はとても利益率が低いですよね?

その利益率が低い理由としてはスタッフの離職率が高い事が理由のひとつです!!

ではなぜ離職率が高いのか?

低賃金。

長時間労働。

だからですね!!

っで美容師と言っても

特に離職率が高いのがアシスタントです!!

美容師は10年間の離職率が92%

最初の1年で50%

3年以内が80%

ともいわれ

この3年以内の80%!!

つまりアシスタントの事です!!

っで従来の美容室経営は

人材育成産業です!!

新卒で採用して

社会人の常識から教え

技術を教え

アシスタントとして営業で戦力になるようにし

スタイリストまで育て

売れっ子スタイリストまで育て

その売り上げのピンハネから

はじめてお店として割りに合う利益が取れます!!

新卒から売れっ子スタイリストまで早くても5年

遅ければ10年!!

何年経っても売れっ子になれない可能性だってある!!

それなのに10年間の離職率が92%

1年で50%

3年で80%

な訳です!!

つまりお店に利益をおとしてくれる人材は

めちゃめちゃ少ない!!

ほとんどは教育にかけた

・時間

・賃金

・気持ち

・自分のストレス

は利益回収する事なく赤字のまま終わります!!

っで

・賃金

だけならまだオーナーの落胆だけで済むのですが

教育は営業中営業後問わず関わってくスタッフみんなでやりますからスタッフにかけた

・時間

・気持ち

・自分のストレス

は働いてる全員から削がれていきます!!

この永久ループによりやがてスタッフは疲弊していきます!!

その疲弊が新たな既存スタッフの離職を誘発し

負の連鎖が止まらなくなります!!

これで10年間の離職率92%

利益率の低い普通の美容室が完成されます!!

前置きがかなり長くなりましたw

今日はそんな中でも

辞めたいスタッフは辞めさせないとさらなる離職の連鎖が起こる仕組み!!

って話を話していきます^_^

はじまりはじまり

今日語っていきたいと思うのが

・美容室を辞めたいスタッフに起こる心理的現象

・辞めたいスタッフを引き止めるメリット

・辞めたいスタッフを引き止めるデメリット!!離職連鎖という弊害が起こる仕組み

・辞めたいスタッフを辞めさせるために作らないといけない美容室の仕組み!!

ここら辺を語っていきたいと思います!!

それではいきましょー!!


・美容師を辞めたいスタッフに起こる心理的現象


では美容師を辞めたい時ってどんな時でしょうか?

・給料が安い

・労働時間が長い

・人間関係がうまくいかない

・手荒れ

・他にやりたい事ができた!!

・結婚、出産などライフステージが変わった。

などで

・給料が安い

コレは美容師の場合は自分次第です!!

・給料

給料は歩合制なのでアシスタントなら早くデビューしてスタイリストになり売れっこになれば高給は可能です!!

・労働時間

コレは半分は会社の仕組み!!

もう半分は自分次第です!

スタイリストになり売り上げを上げつづけ時間単価を突き詰めれば短時間労働でも高利益をあげられます!!

・人間関係がうまくいかない

これは

・会社の仕組み

・自分

半分半分くらいですが半分は自分次第です!!

会社の仕組みについては後半で後述するとして

人間関係がうまくいかないのは半分は自分のせいです!!

普段の生活態度や社会的常識がある程度備わっていれば人間関係が大きく崩れる事はありません!!

それなのに人間関係がうまくいかないのはそのスタッフに何かしらの問題がある事が多いです!!

・他にやりたい事が出来た

一度きりの人生ですからやりたい事をやるべきです!!一度そう思っちゃったら動きたくなっちゃいますよね(^◇^;)

・結婚、出産などでライフステージが変わった!!

働く理由は年齢やその時の心境の変化などによりどんどん変わっていきます!!

ライフステージが変わってくごとに働く理由も変わっていく!!

若い時はやりがいだけで働ける時代もあります!!

でも結婚したり子供が出来たらやりがいだけじゃ働けない時もある。

時間もお金も必要になる!!

そこに今の仕事がフィットしてない場合はフィットする仕事にシフトチェンジするのは普通のことです!!

辞めたい理由は様々ですが

この時辞めたいスタッフの中で起こるのが

自分の辞める理由をまわりに正当化する事です!!

これは美容師を辞めたい自分の心の罪悪感を無意識化で正当化し自分の心を守る脳の仕組みで

「自己欺瞞」

という心理的現象です!!

自分の罪悪感を和らげるために

辞める理由を正当化したくなる!!

この時に人は自分以外の何かとか誰かとか会社とか時代とかとにかく自分以外の責任にして自分を守ります!!

つまり美容師を辞めたいスタッフが辞めたい時にとる行動は自分の心を守るため自分が美容師を辞める理由を無意識化で探し、それを会社批判としてまわりの誰かに伝える事!!

コレを会社とは関係ない家族や友達に伝えるのはいいのですが

同僚やSNSなどの場で伝える場合は会社にとって損失になります!!

同僚に伝える場合はその同僚に会社の負の影響を与えますしお客さんと繋がっているSNSで伝えれば繋がってるお客さんにとって会社の負のイメージが付きます!!

コレが美容師を辞めたいスタッフにおきる心理的現象です!!


・辞めたいスタッフを引き止めるメリット


っで普通の美容室では辞めたいスタッフが出てきた時に引き止めるのが普通だと思います!!

だって辞められたら単純に困りますもんね(^◇^;)

マンパワーが基本の非効率な仕事が美容師ですから1人スタッフが減ればそれだけお客さんも受けられなくなります!!

つまり売り上げが落ちます!!

そして今までそのスタッフにかけた

・時間

・賃金

・気持ち

・自分のストレス

が全て無駄になります!!

だから引き止めるのが普通です!!

なので引き止めるメリットとしては今の継続!!

とりあえずの現状維持というのがひきとめるメリットです!!

一見した表面上の売り上げやスタッフ人数は現状維持できます!!


・辞めたいスタッフを引き止めるデメリット!!離職連鎖という弊害が起こる仕組み


では辞めたいスタッフを引き止めるデメリットとはなんでしょうか?

沢山あります!!

関連記事

  1. スタッフがバラバラな時の美容室経営者もしくはマネージャーの考え方!!

  2. デザインなのかお悩み解決なのかでお客さんへのアプローチは違う。

  3. 美容師の提案力の本質について。

  4. 美容師は自己欺瞞という病に侵されると終わる。

  5. 代替え案を出せないならそこで終了って話。

  6. 美容師は売れない時は全部自分のせいにする。まずはそこから。

  7. これからの時代、美容師として豊かに生きていくのに必要な事。

  8. 美容師スタイリストに待ち受けてる指名人数と壁の関係

おすすめ記事

  1. bi-alive

  2. bi-alive

  3. bi-alive

  4. bi-alive

  5. bi-alive

  1. bi-alive

  2. bi-alive

  3. bi-alive

最近の記事 おすすめ記事